願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

2024年度版|相生学院高等学校の偏差値・学費・入試内容

偏差値なし(学力試験なし)
入試内容書類選考、面接試験
募集時期推薦11月~1月、A日程2月20日ごろ、B日程3月下旬ごろ
学費年間315,000円~
資料請求通学エリアにある学校資料を請求する

相生学院高等学校は、生徒一人ひとりの個性と可能性を重視する通信制高等学校です。

2008年の開校以来、兵庫県相生市の自然豊かな環境のもと、柔軟かつ多様な教育プログラムを提供しています。この学校は、全国からの生徒の入学が可能で、スクーリング期間以外は自宅や学習センターでの自己主導学習を中心に行っています。特に、自由度の高いカリキュラムが特徴で、生徒の興味や目標に合わせた学びが可能です。

この学校のカリキュラムは、高い自由度を持ち、生徒一人ひとりに合わせた教育を実現しています。高認試験や英検などの成果を活用し、単位を修得することも可能です。また、ラーニング・アシスタント(LA)がついて、生徒の高校生活をサポートしています。

相生学院高等学校は通信制教育の枠組みを最大限に活用し、専門的な知識や資格の獲得を目指すコースから、一般的な大学進学を目指すコースまで、多岐にわたる教育プログラムを提供している学校です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

相生学院高等学校の偏差値・入試内容は?

相生学院高等学校の通信制コースは、従来の学力試験に基づく偏差値評価を行わない教育システムを採用しています。

これは、通信制高校が学生の多様性と個々の学習ニーズを重視し、一律の学力評価に依存しない教育方針に基づいているためです。そのため、相生学院高等学校の通信制コースには、伝統的な意味での偏差値は存在しません。

相生学院高等学校の通信制コースの入試には、新入生、転入生、編入生に対して異なる選抜プロセスが設定されています。

新入生の入試:新入生の選抜には、学科試験(国語、数学)と面接試験が含まれます。学科試験は知識の確認だけでなく、学生の思考力や表現力を測るためのものです。面接試験では、学生の個性や学ぶ意欲、将来の夢などに焦点を当て、総合的な評価が行われます。

転入生・編入生の選考:転入生や編入生に対しては、主に面接試験を通じて学生の適性や学校生活への適応能力が評価されます。これは、学生の過去の学習経験や生活状況を考慮し、個々に合った教育を提供するための重要な選抜過程です。

入試の流れ:入試は年に複数回実施されます。入学選考には10,000円の費用が発生します。また、試験当日は原則として所属を希望する学習校(学習センター)で選考試験が行われます。

相生学院高等学校の通信制コースは、従来の試験中心の選抜ではなく、学生一人ひとりの能力や個性を重視する柔軟な入試システムを採用しています。

これにより、多様な背景を持つ学生がそれぞれの目標や夢に向かって学べる環境が提供されています。通信制高校の入試においては、学力だけでなく、個人の特性や将来の展望が重要な評価基準となります。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

相生学院高等学校の学費・授業料は?

相生学院高等学校の通信制コースは、学生が負担する学費や授業料に関して、明確かつ合理的な制度を採用しています。学生および保護者が、教育コストを正確に理解し、計画的に準備できるように設計されています。

入学にかかる費用
入学選考料: 新入生の入試には10,000円の入学選考料が必要です。
入学金: 50,000円。これは入学時に一度だけ支払われる費用です。

年間の学費
授業料: 授業料は単位数に基づいて計算され、1単位あたり9,000円です。通常年間で約25単位を登録することが一般的で、これに基づく年間の授業料は約225,000円となります。

施設・設備維持費: 年間30,000円。学校の施設や設備の維持に関連するコストをカバーするための費用です。

教材実習費
教材実習費は1単位あたり2,500円で、年間の単位数に応じて変動します。25単位の場合、年間で62,500円となります。

その他の費用
教科書代や特別活動費: 学年や選択科目によって異なります。これらは、教育の質を高めるための重要な投資となります。

コースによる追加費用: 特定のコースには追加のコース費用がかかる場合があります。これは、特化した教育や専門的なトレーニングを受けるためのものです。

相生学院高等学校の通信制コースは、学費体系を透明かつ理解しやすい形で提供し、学生と保護者が無理なく教育投資を計画できるようにしています。授業料以外にも、教育の質を保つための様々な投資が必要であり、これらは学生の学習体験と将来のキャリアに大きく貢献します。

相生学院高等学校のカリキュラム・特徴

相生学院高等学校の通信制コースは、その柔軟な教育プログラムと個々の生徒のニーズに対応する能力で知られています。ここでは、通学頻度、曜日、学校の特徴やカリキュラム、通学コースの種類について詳しく説明します。

通学頻度は、通信制高校の特徴として、登校日数は全日制や定時制に比べて少なく、年間で6〜8日程度のスクーリングが行われます。スクーリングは通常、相生市にある本校で年2回(各3~4日程度)行われ、具体的な曜日は学校のカレンダーや行事予定によります。

相生学院高等学校は、通信制の枠組みの中で、生徒一人ひとりの「自分らしさ」を重視し、自己主導型の学習を促進します。普段の学習は、教科書やインターネット講座を使用して行われ、レポート提出や添削指導が中心。ラーニング・アシスタントによるサポートが利用可能で、最寄りの学習センターでの学習も可能です。

カリキュラムの特徴

スクーリング:スクーリングでは、単位認定試験の準備、疑問点の解消、科目の先生との直接対話が可能です。卒業に必要な74単位の修得を目指し、スクーリングへの出席とレポート及び単位認定試験の合格が必要です。

通学コースの種類:
相生学院高等学校は、多様な通学コースを提供しています。これには、情報処理、調理師、観光留学、進学コースなどが含まれます。

情報処理コース: このコースでは、プログラミングやC言語などの情報処理スキルを学びます。

観光留学コース: 英語を専門的に学び、TOEICやTOEFLなどの資格取得を目指すコースです。

調理師コース: 調理師の資格取得を目指し、栄養学や実習を学ぶコースです。

相生学院高等学校は、生徒一人ひとりの希望に沿った進路を支援し、多様な分野での成功を促しています。就職や進学先は生徒の興味や将来の目標に応じて選ばれ、幅広い選択肢が提供されています。このような実績は、学校の柔軟なカリキュラムと個別のサポートが大きく貢献しています。

相生学院高等学校の進路・進学実績

相生学院高等学校の卒業生は、多彩な進学先に進んでいます。以下に、その一部を挙げます。

国内外の大学:早稲田大学、慶應義塾大学、立教大学、青山学院大学、関西大学、近畿大学、兵庫県立大学など多くの国内大学に加えて、ボストン大学、デポー大学、インディアナ大学ブルーミントン校などの海外大学への進学実績もあります。

専門学校:ICT専門学校、大阪調理製菓専門学校、神戸電子専門学校など、専門的な技能や資格を身につけるための専門学校への進学も多数あります。

就職実績:スポーツ関連:ヴィッセル神戸(J1)、カマタマーレ讃岐(J3)、福井ユナイテッド(JFL)などスポーツ分野での就職もあります。

企業・団体:セントラル警備保障株式会社、タキロンテック株式会社、東洋電機株式会社など、様々な企業や団体での就職実績があります。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次