願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

青森県立八戸中央高校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

青森県立八戸中央高校は、青森県八戸市諏訪にある単位制の通信制高校です。

青森県内で公立の通信制高校を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。前期・後期の2期制を採用しており、2年次からは学びたい科目を選択して学習できます。

また、通信制高校ということもあり、青森県立八戸中央高校には偏差値がありません

入学試験は「願書提出」と「面接」のみとなっており、学力試験による選考がないのが特徴です。ただし「青森県内に住所を有する方」で、中学卒業見込みまたは卒業した方であればどんな生徒でも入学することができるので、学力や学校生活に不安がある生徒でも安心して出願できます。

青森県立八戸中央高校の通信制では、週1回の登校で7時間授業と自宅でのレポート作成が基本スタイルです。登校日は日曜日と水曜日のどちらかで、月4回の出席が必要となっています。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

青森県立八戸中央高校(通信制)の偏差値情報

青森県立八戸中央高校の通信制には偏差値がありません。

一般的な全日制や定時制の高校は、入学試験で学力や適性を測り一定の基準を満たした者のみ入学を許可しています。そのため、入学試験の難易度によって偏差値が算出されます。

一方、通信制の高校は原則として学力による入学試験がありません。学力や適正で入学者をふるい分けていないため、偏差値を算出することが困難になっています。

青森県立八戸中央高校(通信制)の入試内容・対策

青森県立八戸中央高校の入試内容は基本的に「願書提出」のみですが、学校公式サイトの「入学をお考えの方へ」によると「青森県内に住所を有する方」で、次のいずれかに当てはまる方が対象となっています

・中学校またはこれに準ずる学校を卒業する見込みの方
・中学校またはこれに準ずる学校を卒業した方
・学校教育法施行規則第95条の各号のいずれかに該当する方

願書については、現在中学3年生の方は学校経由で交付されますので、先生を通じて願書を請求します。願書の提出は、持参する場合は事前に電話連絡が必要で、郵送の場合は受付期間の最終日の消印までが有効となっています。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

青森県立八戸中央高校の学費・授業料紹介

青森県立八戸中央高校の入学時の学費と授業料は次の通りです。県立高校のため、私立高校と比較してとても安いことが魅力です。

入学料:500円
受講料:9,300円
諸経費:14,800円
教科書・学習書:約26,000円
内履き:4,380円
合計:約54,980円

ただし、保護者の所得額によっては授業料に相当する金額を支給する「高等学校等就学支援金制度」の対象となり、受講料が実質無料になります。

また、新入生で仕事を持っている場合や、2年次以降の生徒で仕事があり一定の単位を修得している場合は、申請書と修業証明書を提出することで教科書・学習書が無料となっています。

青森県立八戸中央高校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

青森県立八戸中央高等学校は、1948年に創立された歴史ある高校です。青森県教育委員会が設けている正規の高等学校で、学習内容や卒業資格は全日制・定時制と同じになっています。

カリキュラムは自分でスケジュールを立てる方式で、1日7時間が基本です。1年次は13科目86枚のレポート提出が必要となっており、課題に沿って自分で教科書や学習書を調べ、指定の期限までに100点満点で50点以上を取らなければなりません。

通学頻度は前期と後期でそれぞれ10日の年20日ですが、日曜日か水曜日に月4回程度通学できるため、どちらも通学すれば出席日数はすぐに満たすことができます。

また、青森県立八戸中央高校は体育祭や遠足、進路研究会やスポーツ教室など特別活動も盛んなことが特徴で、卒業までに30単位時間以上の出席が必要となっています。

青森県立八戸中央高校の進学・進路情報

青森県立八戸中央高校通信制の進学・進路状況については、令和4年度の実績で生徒数36名に対し、進学が11名、就職が25名となっています。

進学先は、大学では東北文化学園大学と関西国際大学、専門学校や技専校では青森県立八戸工科学院や八戸看護専門学校、八戸理容美容専門学院などがあります。また、過去には八戸工業大学や青森大学などの進学実績もあります。

就職先は、県内では日産プリンス青森販売株式会社や日本テクサ株式会社などがあり、県外では株式会社アクティブマーケティングシステムや株式会社谷村製作所など、大手企業への就職が多くなっています。

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次