願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

青森県立北斗高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

青森県にある公立通信制高校である「青森県立北斗高等学校」。青森県内で公立通信を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立通信ということもあり、青森県立北斗高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」「作文」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

青森県立北斗高等学校は通信制ですが、日曜と水曜のどちらかのスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間20日)。

そのため、

・遠方に住んでいる
・指定の曜日に通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、青森県立北斗高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

青森県立北斗高等学校(通信制)の偏差値情報

青森県立北斗高等学校は公立通信制高校のため、偏差値がありません。

これは、青森県立北斗高等学校の入試は願書の提出、面談、事前に与えられた課題に沿った作文の内容で合否が決定するからです。そのため、学力に自信がない生徒でも安心して受験をすることできます。

青森県立北斗高等学校(通信制)の入試内容・対策

入試の内容は学校によって細かく違いますが、青森県立北斗高等学校必要書類を提出したその日に面接を行う流れになります。

面接は生徒のやる気や勉強に取り組む心構えなどを調べることが目的です。そのため、事前に課題として与えられている作文のテーマも入学後の豊富となっています。

作文は200文字から300文字とルールが設けられていますが、少ないからといってマイナスの評価になることはありません。200文字ギリギリであっても内容がしっかりと書かれていれば評価されます。

通信制高校は自由なスタイルで学べるのがメリットの反面、卒業の期間がなく漠然と通っていると5年、10年と長くなってしまうことも少なくありません。予め自分なりの目標を立てて面接官にアピールすることが大切です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

青森県立北斗高等学校(通信制)の学費・授業料

青森県立北斗高等学校の通信制コースの学費は以下の通りです。

・入学料 500円
・受講料 年間約8,000円
・諸経費 年間約15,000円
・教科書・学習書 年間約18,000~20,000円
・体育着・シューズ 約11,000円

この学費は入学時に一括納入してもらいます。

また、特典として以下のものがあります。

特典
・就学支援金による受講料の減額。
・勤労生徒の給与年間収入額によって、所得税の特別控除があり。
・奨学金制度(青森県育英奨学会、青森県高等学校定通課程修学奨励金、阿部育英基金等)
・通学のための割引制度(JR・青い森鉄道回数券、一部バス回数券)があります

この特典は、働きながら学びたい生徒や経済的に厳しい家庭の生徒達が、平等に学習を受けられるようにするために設けています。

青森県立北斗高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

青森県立北斗高等学校は自学自習とスクーリング、レポートの提出で各科目の単位を取得していく形になります。

スクーリングの開催日は日曜と水曜の2回行われていますが、必ずしも全て出席する必要はありません。最低条件となる年間20日をクリアーすればそれ以降は生徒の自己判断となります。

進級するために合格が必須となる学期末の試験を受けるにはスクーリングの出席、レポートの提出という2つの条件を満たさなくてはいけません。

スクーリングに出席していても期限までに課題を提出できなければ試験が受けられないので注意が必要です。青森県立北斗高等学校は学校行事の充実も特徴に挙げられます。

遠足やボーリング教室、カルタ大会など生徒同士が交流を図って楽しい思い出を作れるのも魅力の一つです。

青森県立北斗高等学校(通信制)の進学・進路情報

卒業後は進路の選択肢は学校選びの重要なポイントの一つです。

青森県立北斗高等学校は進学、就職共に様々な道が用意されています。進学先は青森中央大学を始めとした地元はもちろん、岩手大学や神奈川大学など県外に進学する生徒も少なくありません。

専門分野の技術と知識を身に着けたい人は、美大や専門学校を選ぶこともできます。

就職先は木村鉄工所、ホテル華乃湯など接客から技術職まで幅広い業界への道が用意されているのが強みです。青森県立北斗高等学校では授業以外にも学校行事などで色々な経験ができます。

入学した時点で将来の道が決まっていなくても、学校に通っている間に自然とやりたいことが見つかる環境が整っているので安心です。

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次