願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

2024年度版|飛鳥未来きずな高等学校の偏差値・学費・入試内容

偏差値なし(学力試験なし)
入試内容書類選考、面接
募集時期随時
学費年間約430,000円~
資料請求通学エリアにある学校資料を請求する

飛鳥未来きずな高校は全国に複数のキャンパスを持つ通信制高校です。母体は全国に60以上の専門学校や大学短期大学を運営している三幸学園です。通信制高校も、奈良を本校として札幌から福岡博多までさまざまな場所にあります。

通常の高校とは異なり、飛鳥未来きずな高校には偏差値が存在しません。中学卒業見込みの方や、現在高校在学中の方など中学を卒業している方なら、年齢を問わず誰でも入学資格があります。

学力試験はありませんが、書類審査と面接試験があることが特徴です。

学力に自信がなくても安心して出願することができる学校ですが、面接の内容やキャンパスの受け入れ状況によっては落ちる可能性もあります。学校資料は早めに取り寄せ、親子で準備をしておきましょう。高校在学中の方は、在籍している高校で準備する書類もあるので、計画的な準備が大切です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

飛鳥未来きずな高等学校の偏差値・入試内容

飛鳥未来きずな高等学校には「偏差値」と呼ばれるものはありません。

飛鳥未来きずな高等学校の試験内容は、

・書類選考
・面接試験

となっており、学力テストがないため偏差値が決められないからです。

偏差値は国語や算数などの学力テストの得点から計算されます。平均点を偏差値50になるように計算して、それよりも高ければ高いほど難易度は上がり、逆に低ければ難易度が低いと判断できるのです。飛鳥未来きずな高等学校は学力テストそのものがないため、偏差値で合否を判断することができなくなっています。

飛鳥未来きずな高等学校の入試内容の特徴・対策

飛鳥未来きずな高等学校の特徴として、入学説明会に生徒だけではなく保護者も参加することが挙げられます。説明会では出願に必要な書類と「受験の動機」を渡されます。

在籍高校で用意しなければいけない書類と、本人が用意する書類が揃ったら出願。出願後に面接日(入試日)の連絡があります。入試日は出願後1週間以内になります。

実際の面接では、「受験の動機」に書いた内容と面接時の内容が一致するかを見られます。また、在籍高校の資料と面接での本人の答えとに食い違いがないかも見られます。

たとえば、「受験の動機」に「自分の意思で受験を決めた」と書いたのに、面接で「親や先生にいわれた」と答えてしまっては、よくない印象を与えてしまいかねません。面接では、難しい質問はありません。入学したら何を学びたいか、どんな将来を目指しているかなどを話すとよいでしょう。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

飛鳥未来きずな高等学校の学費・授業料

飛鳥未来きずな高等学校、どのコースを選択しても入学金が10,000円、1単位当たりの授業料は8,000円です。それ以外の学費はキャンパスや年によってかわります。

基本的な年間学費(1例)の概算は以下の通りです。

授業料:200,000円(25単位)
施設、設備費:60,000円
補習費(授業料):100,000
教材費:30,000円
その他経費:40,000円
合計(目安):430,000円

※この他に、特別活動費がかかります。申込み行事によって金額が変わります。

イベント開催時に学校から案内があります。

就学支援金の適用で授業料は最大全額免除に

飛鳥未来きずな高等学校は国の就学支援金制度の対象です。

・世帯年収590万円未満=1単位最大12,030円支給
・世帯年収が590~910万円未満=1単位最大4,812円支給

世帯年収が590万円未満だった場合、飛鳥未来きずな高等学校の授業料は1単位8,000円なので全額無料となります。したがって、学費の目安は約230,000円です。一方、世帯年収が590~910万円未満の場合、授業料を最大120,300円まで支給してくれるため、学費の目安は約309,700円となります。

この他にも、自治体で様々な奨学金制度があります。支給対象になる奨学金制度があれば、さらに学資を抑えることができます。お住いの自治体の奨学金制度についても、しっかり確認してみましょう。

飛鳥未来きずな高等学校の特徴・カリキュラム

飛鳥未来きずな高校は、大手学校法人が運営する学校で30年以上の歴史を持っています。姉妹専門学校は医療、福祉からブライダル系など職業に直結する専門学校があります。

教職員が一体となって、学習面からメンタル面までサポート。スマートフォンから、学校行事や学習の内容などをチェックし、担任の先生から個別に学習指導を受けることができます。

メンタル面は心理学の資格を持つ先生が親身に話を聞いて助言してくれます。主に不登校対応家運セリングです。飛鳥未来きずな高校の卒業率は9割以上、独自のサポートがあるのも飛鳥未来きずな高等学校の大きな魅力です。

通学頻度は5つのスタイルがあります。決められた日以外は通学日や時間は自分で決めることができます。通学時の服装は自由です。

ベーシックスタイル:月1回のホームルーム参加
スタンダードスタイル:週1回のホームルーム参加
ネットスタイル:月1回のネットホームルーム参加
3DAYスタイル:週3日通学(クラス制)
5DAYスタイル:毎日通学(クラス制)

コースは長期コースで進学コース、補修コースなどの学習コースと、メイクライセンスコース、ネイルライセンスコースがあります。短期コースならファッション系や医療事務など様々なコースがあります。高校の勉強をしながら、短期コースをいろいろ経験して、将来の職業選択の勉強ができます。

飛鳥未来きずな高等学校の進路・進学実績

偏差値がない飛鳥未来きずな高等学校ですが、だからといって「大学に行けない」「進学実績がない」わけではありません。通信制高校の自由なカリキュラムを活かし、生徒の個々の目標に合わせた個別の受験指導を行っています。

飛鳥未来きずな高等学校の主な進学先は次の通りです。

関東圏:慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院大学、東京都立大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、帝京大学、国士舘大学、東洋大学

関西圏:関西大学、大阪芸術大学、関西外国語大学

その他多数の大学進学実績があります。

飛鳥未来きずな高等学校姉妹校の大学、短大へ進学すれば、学費の一部を免除されます。

大学受験を志望する生徒は進学コースや補修コースを選択。担任の先生にも希望校などを気軽に相談できます。スマホからの相談も可能なので、通信制ならではの効率的な受験勉強が可能です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次