願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

岐阜県立飛騨高山高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

岐阜県立飛騨高山高等学校は、岐阜県高山市にある公立の通信制高校です。

全日制、定時制も併設されている学校です。岐阜県内で公立の通信制高校を探している生徒、学費が安い通信制を探している家庭は自然と選択肢に入る高校だと言えます。

通信制ということもあり、飛騨高山高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」「小論文」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

通信制の高校ですが、日曜日のスクーリングには出席する必要があります。

そのため、

・遠方に住んでいる
・通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校でも通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。したがって、通いやすさを考えた上で公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

岐阜県立飛騨高山高等学校(通信制)の偏差値情報

岐阜県立飛騨高山高等学校の通信制課程に偏差値はありません。

その理由は、入試は「願書提出」「面接」「小論文」のみで学力テストが全く実施されないことによります。学力による試験がないため、偏差値はないということになります。

ただし出願資格として、学校説明会への出席が原則となっています。その理由は、出願書類は学校説明会で配付されるからです。したがって、岐阜県立飛騨高山高等学校を志願する生徒は必ず学校説明会に足を運びましょう。

岐阜県立飛騨高山高等学校(通信制)の入試内容

岐阜県立飛騨高山高等学校の入試内容については、公式サイトの募集要項を確認すると以下のような内容が明記されています。

STEP
説明会に参加する

岐阜県立飛騨高山高等学校への入学を希望する生徒は、学校説明会に参加して入学願書を取得しなければいけません。入学願書は、説明会に参加した生徒本人に直接配布されます。

STEP
指定期間中に入学願書と調査書を提出する

入学願書の提出期間中に、入学願書と調査書を飛騨高山高等学校岡本キャンパス(通信制)に持参してください。受付後、受検票が交付されます。

STEP
小論文と面接の実施

具体的な入学要件については、目標に向かって努力できるか、通信制の学習を続けていくのに必要な向学心があるかが重視されます。そのため、面接では自分の学習への意欲をきちんと伝えることが大事です。

岐阜県立飛騨高山高等学校(通信制)の学費・授業料

岐阜県立飛騨高山高等学校の通信制課程の学費は下記のとおりです。

・受講料 各自1単位310円×受講単位数
・入学金 500円
・学習諸費
  3,500円 (新入生・新編入学生)
  1,500円 (転籍生)
  700円 (在籍継続生)
  700円  (復学生)*備蓄品を購入済みの場合
  480円  (選科・併修生)
・生徒会費 3,000円
・部活動後援会費 1,200円
・心理検査 640円 (新入学のみ)
・基礎学力診断テスト 2,310円 (新入学のみ)
・卒業準備金 3,600円 (卒業可能と見込まれる年度のみ)

1年次生は概ね25単位を受講するので、総納入金額は 18,900 円です。

これ以外にも教科書・学習書等の代金が必要ですが、1年生(25単位受講登録)は 17,624円です。受講料については、高等学校等就学支援金制度が適用されます。支給を受けるためには、オンライン上での受給資格認定処理及び個人番号(マイナンバー)が確認できる書類の写しの提出が必要です。

岐阜県立飛騨高山高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

岐阜県立飛騨高山高等学校の通信制課程は、日曜日にスクーリングを受けるために通学する必要があります(月に2,3回ほどの通学頻度)。

また、自学自習が基本で、自宅で教科書や学習書を見ながら勉強してレポートを提出することになります。

レポートの返送後は、添削指導された内容をもとに理解を深めることが可能です。もしもレポートが一定の基準に満たなければ再提出となり、 直して再び提出しなければなりません。

学習内容が分からない場合やさらに内容を深めたい場合は、平日に個別指導を受けることもできます。

岐阜県立飛騨高山高等学校の通信制の修業年限は基本的に4年間ですが、木曜日もスクーリングに参加すれば3年間で卒業することも可能です。また、部活動については放送部、文系部、卓球部、バドミントン部の4種類があり、主に日曜の登校日に参加できます。

岐阜県立飛騨高山高等学校(通信制)の進学・進路情報

岐阜県立飛騨高山高等学校の令和4年度の進路状況を確認すると、以下のような進学実績があります。

中部大学、愛知みずほ大学、京都橘大学、中部大学、東京未来大学、放送大学、JA岐阜厚生連看護専門学校、神戸国際調理製菓専門学校、東海工業専門学校、トヨタ名古屋自動車大学校、山脇美術専門学校

中部地方にある大学への進学はもちろん県外の大学や専門学校などに進学する卒業生が多く、多岐にわたる進路実績を持っています。

また、就職先については益田建設業共同組合、レオイ株式会社など岐阜県内の様々な業種の企業に就職しています。

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次