願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

通信制高校からの大学進学は難しい?不利?は誤解です。

通信制高校から大学進学は、多くの人にとって「難しい」「不利」と感じられるかもしれません。しかし、実際には通信制高校出身者でも、適切な準備や努力をすることで、大学進学を目指すことができます。

本記事では、通信制高校から大学進学を目指す人に向けて、成功のための方法や注意点、有利な要素などを解説します。通信制高校からの大学進学に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

通信制高校とは?メリットについて

通信制高校とは、通信教育を中心に行う高校のことを指します。主に学校に通うことができない人や働きながら高校卒業資格を取得したい人、また、自分のペースで学びたい人などが利用しています。

通信制高校では、自分で学習することが求められます。授業は通信教育で受け取ることができ、自分のペースで学習を進めることができるため、学習スタイルや生活スタイルに合わせて柔軟に学ぶことができます。また、学習に必要な教材や機器を提供してくれる場合もあり、自分の環境で効率的に学ぶことができます。

自学自習が求められる通信制高校の学習スタイルには、自分で学ぶということに不安を感じる人もいるかもしれませんが、実際には自分で学ぶことで自己管理能力や自己学習能力を身に付けることができます。また、自分のペースで学ぶことができるため、自分の理解度に合わせて学習を進めることができます。そのため、学習効率が上がる場合もあります。

さらに、通信制高校では、多様な人々が学ぶため、年齢層や出身地域の違いがある場合もあります。そのため、異なる背景を持つ人々と交流することができ、コミュニケーション能力を向上させることができます。

以上のように、通信制高校には、自分のペースで学習を進めることができる柔軟性や、自己学習能力を身に付けることができるメリットがあります。

通信制高校からの大学進学の有利な点

通信制高校から大学進学することには、以下のような有利な点があります。

学習環境が整っている

通信制高校では、自学自習のために必要な教材や機器が提供されます。そのため、学習環境が整っており、集中して学習に取り組むことができます。

自己管理能力が高まる

通信制高校では、自分で学習計画を立て、自分のペースで学習を進めることが求められます。そのため、自己管理能力が身に付き、大学進学後も学習に取り組む上でのスキルとなります。

大学進学に特化したコースがある

通信制高校の中には、大学進学に特化したコースを提供している学校もあります。このような学校では、大学受験に必要な科目や内容を重点的に学ぶことができるため、大学受験の準備をより効率的に進めることができます。

勉強時間の確保がしやすい

通信制高校は、自分のペースで学習を進めることができるため、学業と並行してアルバイトや習い事などに時間を割くことができます。そのため、学費や生活費を稼ぎつつ勉強に取り組むことができるというメリットがあります。

*****

以上のように、通信制高校から大学進学することには、学習環境や自己管理能力、コミュニケーション能力の向上などのメリットがあります。また、大学進学に特化したコースを提供している学校もあるため、より効率的な大学受験の準備を進めることができます。

通信制高校のサポート校と提携大学

通信制高校には、サポート校や提携大学が存在しています。これらの校と提携することで、学習や大学進学においてサポートを受けることができます。

サポート校とは

サポート校とは、通信制高校の学生が通学することができる学校のことです。サポート校では、学生は教室での学習を行うことができ、教師からのアドバイスや指導を受けることもできます。また、サポート校には、図書館や研究室などの設備が整っている場合もあり、学習に必要な環境を整えることができます。

提携大学とは

提携大学とは、通信制高校の学生が進学を目指す大学と提携していることが多い大学のことです。提携大学では、通信制高校出身者の受け入れ枠がある場合があり、また、入学審査での優遇措置がある場合もあります。そのため、提携大学に進学することで、大学受験における不利を克服することができます。たとえば、通信制高校の星槎国際高等学校は、星槎大学への入学枠を用意しています。

通信制高校においては、学生が自学自習で学ぶため、学習面での支援が必要になる場合があります。サポート校や提携大学は、そのような学生に対して、学習面や進路面でのサポートを提供することで、通信制高校出身者が大学進学に向けて不利になることを防止する役割を果たしています。

通信制高校から大学進学する際の注意点

通信制高校から大学進学を目指す場合、以下のような注意点があります。

大学受験に必要な科目をしっかりと学ぶ

大学受験には、高校で学ぶ文系、理系、外国語などの科目が必要となります。通信制高校には、自分のペースで学ぶことができるというメリットがありますが、それでも大学受験に必要な科目をしっかりと学ぶことが必要です。特に、通信制高校から大学進学を目指す場合は、自己学習能力や自己管理能力を高めることが重要です。

大学受験に向けた勉強法を身に付ける

大学受験に向けた勉強法を身に付けることも重要です。自己学習能力が求められる通信制高校で学ぶことで、自己学習能力を高めることができますが、それだけでは不十分です。効率的に学習を進めるための勉強法を身に付けることで、大学受験の準備をより効率的に進めることができます。

提携大学を選ぶ

通信制高校から大学進学を目指す場合は、提携大学を選ぶことが重要です。提携大学に進学することで、通信制高校出身者の受け入れ枠や入学審査の優遇措置がある場合があります。そのため、提携大学に進学することで、大学受験における不利を克服することができます。

サポート校を利用する

通信制高校では、自学自習が求められるため、学習に関するアドバイスや指導が必要になる場合があります。そのような場合は、サポート校を利用することをおすすめします。サポート校では、教師からのアドバイスや指導を受けることができ、学習の効率化につながります。

*****

以上のように、通信制高校から大学進学を目指す場合は、大学受験に必要な科目をしっかりと学び、効率的な勉強法を身に付けるようにしましょう。

大学進学を目指す人におすすめの通信制高校

通信制高校から大学進学を目指す人におすすめの学校には、以下の5つがあります。

1.第一学院高等学校(通信制高校)

第一学院高等学校は、通信制高校としては比較的歴史が古く、教育に対する熱心な取り組みが特徴です。教材の充実度が高く、高いレベルの自学自習に取り組める環境を整えています。大学受験に強い実績を持ち、提携大学の受験に有利な取り組みをしているという点でもおすすめの通信制高校です。

2.わせがく高等学校(通信制高校)

わせがく高等学校は、自学自習に適したカリキュラムが整えられた通信制高校です。定期テストや模擬試験を含む多彩な評価方法があり、学習効果の確認や進路設計に役立てることができます。大学受験に必要な科目を重点的に学ぶコースもあり、大学進学に向けて充実した学習環境を提供しています。

3.トライ式高等学院(通信制サポート校)

トライ式高等学院は、通信制高校としては大学進学に特化したカリキュラムが整えられている通信制サポート校です。学習面でのサポートや、入学前に大学受験に必要な知識やスキルを習得できるセミナーなども提供しており、大学受験に不安を感じている人にもおすすめの学校です。

4.N高等学校(通信制高校)

N高等学校は、新しいタイプの通信制高校として注目されています。ITを駆使した授業や、オンラインでのコミュニケーションツールの活用など、革新的な教育方法を取り入れています。また、学習環境の整備にも力を入れており、高い自主性を持った学習が可能となっています。大学受験に向けて必要な科目を重点的に学ぶコースもあります。

5.クラーク記念国際高等学校(通信制高校)

クラーク記念国際高等学校は、英語をはじめとする多言語環境の下で学ぶことができる通信制高校です。英語に特化したカリキュラムや、海外の大学と提携していることから、海外留学や国際的なキャリアに向けて学ぶことができます。

また、大学受験に特化したコースもあり、大学受験に必要な科目を重点的に学ぶことができます。さらに、学習に必要なデバイスを無料で貸し出すなど、学習環境に力を入れている点も魅力の一つです。大学進学を目指す人には、通信制高校としては珍しい国際色の豊かな学校としておすすめです。

通信制高校から大学進学を目指す生徒へ

通信制高校から大学進学を目指す場合、適切な目標設定と努力が欠かせません。通信制高校では、自学自習が主体となるため、自分にあった学習スタイルを見つけ、毎日コツコツと学習に取り組むことが大切です。また、サポート校や提携大学を活用することで、学習における疑問点や不安な点を解消することもできます。

通信制高校からの大学進学には、いくつかのメリットがあります。自分にあった学習スタイルを見つけ、着実に学習に取り組むことで、大学受験に向けた自信をつけることができます。さらに、サポート校や提携大学を活用することで、学習環境を整え、大学進学へのスムーズな道を築くことができます。

通信制高校からの大学進学は、独学で学ぶことが求められるため、不利だと考える人もいるかもしれません。しかし、努力次第で必ず大学進学につながる道があることを忘れないでください。適切な目標設定と努力を積み重ねることで、通信制高校出身者でも大学進学を実現することができます。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次