願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

岩手県立宮古高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

岩手県内にある公立通信制高校の一つである「岩手県立宮古高等学校」。岩手県内にはその他に、岩手県立杜陵高等学校という高校もあり、岩手県内で公立の通信制高校を探している生徒は、通いやすい方の高校を選んで通学できます。

公立の通信制高校であるため、宮古高等学校には偏差値がありません。

試験は「書類提出」「作文」「面接」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学できるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願できます。

宮古高等学校は通信制ですが、各学期ごとに一定の回数以上のスクーリングをする必要があります(1学期10日以上)。

そのため、

・学校から離れた場所に住んでいる家がある
・スクーリングの回数が少ない学校が良い
・オンラインだけで勉強できる高校を探している

という生徒には、向いていない可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットコースのような通学のないコースであれば、年間10万円程度で通える学校もあります。通いやすさも考慮して、宮古高等学校にするか、オンライン学習が充実した私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

岩手県立宮古高等学校(通信制)の偏差値情報

岩手県立宮古高等学校の通信制課程に偏差値は存在しません。

偏差値がない理由は、学力テストを実施していないからです。この学校の通信制課程では、作文と面接と提出された書類の内容だけで、合格者を決定しています。学力を調べるための試験を実施していないので、受験生の偏差値を調べることができません。

入学希望者が気をつけなければいけないことは、通信制の入学願書は、郵送などの方法で入手できないことです。

宮古高等学校通信制課程の入学願書を入手したい人は、学校の校舎に直接足を運んでください。こうした方法でしか入学願書を入手できないのは、志願者に直接、通信制課程の説明をしてから配布をしているからです。この方法で願書を入手するためには事前の予約が必要で、未成年者は保護者の同伴も必要になります。

岩手県立宮古高等学校(通信制)の入試内容・対策

岩手県立宮古高等学校の入学試験では、作文と面接の試験が出題されています。受験生は書類の提出も必要になり、これらの試験の内容を総合的に判断して、合格者が決められています。

宮古高等学校の通信制課程に出願できるのは、令和6年3月に中学校を卒業する見込みがある人です。義務教育学校後期課程や、特別支援学校中学部を卒業する見込みがある人も、この学校に出願できます。すでに中学校を卒業した人も受験することができ、その他に学校教育法施行規則第95条の規定に該当している人も応募資格があります。

令和6年度の出願期間は、令和6年2月22日から3月28日までです。入学選考は同年の4月1日に宮古高等学校の校舎で開催されます。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

岩手県立宮古高等学校(通信制)の学費・授業料

岩手県立宮古高等学校の学費は以下の通りです。

受講料 4,750円
※1年間で25単位を取得した場合
※就学支援金が支給される場合は受講料に充当できます

諸会費 約23,000円
※4月に一括納入することが決められています
教科書・学習書代 約20,000円

合計 約47,750円

就学支援金を受給できる家庭の場合には、1年間あたりに必要な学費はおよそ43,000円です。これらの費用の大半が教科書代などの実費や諸会費なので、他校と比較して学費は低額です。

岩手県立宮古高等学校は1学期あたり10日以上スクーリングをしなければいけないので、上記の費用の他に、通学のための交通費も必要です。

この学校の校舎は、宮古市宮町2丁目1番にあります。学校から遠い場所に住んでいる生徒は授業料よりも交通費のほうが高額になることもあるため、交通費と学費の合計額を計算して、通いやすい高校を選んでください。

岩手県立宮古高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

岩手県立宮古高等学校は通信制課程の高校ですが、各期あたり10日以上のスクーリングが必要となる学校です。

スクーリングにはさらに細かい規定があり、それぞれの科目ごとに出席しなければいけない時数が決められています。特別活動の出席時数にも規定があるので、学校を卒業するためには、これらの規定を全て満たすことが必要です。

岩手県立宮古高等学校の特徴は、幅広い年齢や経歴の生徒が入学していることです。

この学校を卒業するまでに必要となる科目や単位の数は、生徒の経歴によって違いがあります。中学校から入学した生徒の場合には、基本的に4年間勉強すれば卒業できる教育課程が採用されています。入学をした年の学習状況によっては、次の年度から平日のスクーリングを受講すれば、3年間で卒業できる教育課程を選ぶことも可能です。

岩手県立宮古高等学校(通信制)の進学・進路情報

岩手県立宮古高等学校通信制課程のホームページを見れば、令和4年度の卒業進路を確認できます。

この学校を卒業した後に大学の心理学部に進学をした生徒もいるので、通信制課程の高校であっても大学受験に合格することは可能です。

大学以外にも、この学校の卒業生はさまざまな学校に進学しています。専門学校に進学した生徒もいて、ビジネスを学べる専門学校に進学した生徒もいます。卒業した後に就職をした生徒もいて、地元の企業や介護施設などが主な就職先です。

進学先大学・専門学校の一覧
東京福祉大学心理学部、岩手県立宮古高等技術専門校、上野法律ビジネス専門学校、東北愛犬専門学校、宮城調理製菓専門学校、HAL東京

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次