願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

岩手県立杜陵高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

岩手県立杜陵高等学校は、岩手県にある県立の通信制高校です。

通信制高校は、通学が難しい生徒や働きながら高校卒業を目指す生徒に適した学校であり、岩手県立杜陵高等学校も、そうした生徒に合った学習環境を提供しています。

・平日は月曜日と水曜日
・休日は日曜日
・スクーリングは前期・後期にそれぞれ10日以上(指定された登校日は時間割表で確認)

となっており、通信制らしい自由な学習環境が特徴です。

また、公立の通信制高校ということもあり、学力試験ではなく、「願書提出」「面接」「作文」による選考を行う点も大きな特徴です。

修学旅行や遠足に加え、全国高等学校総合文化祭や生活体験発表大会など、全国規模で開催される行事にも積極的に参加し、生徒たちの交流や学校生活の充実にも力を入れています。

校訓となっている「創意・誠意・熱意」の理念を大切にし、学校全体が一つのグループとして協力し合い、生徒たち一人一人が自分の可能性を広げられる場所となっています。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

岩手県立杜陵高等学校(通信制)の偏差値情報

岩手県立杜陵高等学校の通信制課程に偏差値はありません。

何故なら、「願書提出」・「面接」・「作文」の三つを基準に生徒の実力を判断し、学力テストを行わずに合否を決定するからです。提出書類に不備がないか、面接による人柄の判断・作文能力の有無などにより選考を行います。

つまり、文系科目や理数科目による学力テストを一切行わないため、偏差値はありません。

岩手県立杜陵高等学校(通信制)の入試内容・対策

岩手県立杜陵高等学校の入学方法について、公式サイトの入試情報を確認すると、以下のような内容が明記されています。

1.学校から説明を受ける

入学を希望する生徒は、通信制課程に関する説明を学校側から受け、入学願書を取得する必要があります。入学願書は説明を受けた後にもらえるので、学校に電話で連絡し、説明を受ける日時を予約しましょう。

※入学希望者が20歳未満の場合は、保護者、もしくは保証人の同伴が必要となります。

2.願書の提出

指定された日時までに、入学願書と、在籍する中学校または卒業した中学校の校長が発行した調査書を学校長宛てに提出します。

3.選考

提出された書類・作文・面接によって選考を行います。詳細な入学要件については説明を受けた際に確認してください。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

岩手県立杜陵高等学校(通信制)の学費・授業料

岩手県立杜陵高等学校の学費は以下の通りです。

●授業料(受講料)
年間4,750円
※一年間で25単位を取得した場合。
※一単位190円で、一年間に受講できる単位が30単位までであるため、5,700円を上回ることはありません。

●諸納金
年間約20,000円
※教育振興会費・生徒会費・高体連会費・同窓会費・図書視聴覚費などが含まれます。
※生徒が入学した年度により異なります。

●教科書・学習書代金
年間約15,000円
※登録した科目の数によって異なります。

合計39,750円

一定の単位を修得した者で、なおかつ定職に就いている者、またはパート・アルバイトで年間90日以上勤務した生徒に対して教科書代が無償になる制度や、スクリーニング出席者へのJR鉄道運賃5割引回数券の配布など、様々な制度があるので、詳細については学校にお問い合わせください。

岩手県立杜陵高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

岩手県立杜陵高等学校の通信制コースは、一週間の授業日程で、平日は月曜日と水曜日・休日は日曜日の計3日間の授業があります。

◆開校日
●平日(月・水曜日)
・8:55~16:35まで、50分の授業が7回開催。
●休日(日曜日)
・8:45~16:35まで、50分の授業が7回開催。

◆スクリーニング
・前期に10日以上、後期に10日以上学校への出席が必要。
・また、学校行事などの特別活動にも年間10時間以上出席する必要があります。
・登校日は学校側から指定されるので、時間割表で確認してください。

◆単位認定に必要なもの
通信制で単位を獲得するためには、

・課題レポートの提出
・スクリーニングによる出席
・前期・後期末に行われる定期テストの合格

の三つが必要となります。

自分で受講したい科目を選択することができますが、必修科目を受講し忘れないように注意しましょう。

岩手県立杜陵高等学校(通信制)の進学・進路情報

岩手県立杜陵高等学校の進学・就職実績には、以下のような学校があります。

●大学・短大(順不同)
・日本大学
・東京造形大学
・東京通信大学
・慶応大学
・岩手県立産業技術短期大学校
・盛岡大学

●専修学校等(順不同)
・北上コンピュータアカデミー
・盛岡情報ビジネス&デザイン専門学校
・盛岡外語観光&ブライダル専門学校
・仙台スイーツアンドカフェ専門学校
・盛岡ペットワールド専門学校
・大阪アミューズメント専門学校

●就職先(順不同)
・キオクシア岩手株式会社
・有限会社ヤマト
・株式会社兼平製麺所
・本宮歯科医院
・陸上自衛隊
・有限会社川井林業

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次