願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

神奈川県立厚木清南高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

神奈川県立厚木清南高等学校は、平成17年に開校した高校です。

全日制、定時制、通信制の3つの過程があり、ライフスタイルや自分の興味や関心、希望に合わせて最適な学習スタイルを選択できます。通信制でありながら、部活動を積極的に行っているのも特徴の1つです。

ハイキング部やバスケットボール部などの運動部、ハブール園芸部や音楽部などの文化部があり、充実した高校生活を送ることができます。

単位制フレキシブルスクールで、通信制はスクーリングとレポート提出、テストを繰り返しながら卒業を目指します。

スクーリングは年間18回ですが、日曜に通うスクーリング、火曜に通うスクーリングなど複数用意されているので、ライフスタイルに合わせて通うことができます。ボランティア活動や技能審査、学校間連携など学校外活動も積極的に行っています。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

神奈川県立厚木清南高等学校(通信制)の偏差値情報

神奈川県立厚木清南高等学校には、偏差値というものがありません。

なぜかというと、数学や英語といった学力テストが実施されていないためです。一般的な高校は入試で学力テストがあり、その平均点から偏差値が割り出されます。しかし、神奈川県立厚木清南高等学校には学力テストがないため、偏差値というものが存在しません。

神奈川県立厚木清南高等学校(通信制)の入試内容・対策

神奈川県立厚木清南高等学校の入試は、「学習の記録」「作文検査」の2つの選考方法となっています。

中でも特に重視されるのが作文検査です。3つの選考方法のうち、8割が作文検査となっているため、入学できるかどうかに大きく関わってきます。作文の評価の観点は、入学希望の理由や本校通信制に対する理解、高校生活に対する意欲などです。

観点ごとに評価し点数化されるので、事前に何が評価の観点になっているのかを理解し、アピールできるような作文に仕上げる必要があります。また、学力テストがない分、作文によってどの程度の学力があるかチェックされるので、漢字や言葉使いなどに気を付けながら文章を書くようにしましょう。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

神奈川県立厚木清南高等学校(通信制)の学費・授業料

神奈川県立厚木清南高等学校の学費は、以下の通りです。

受講料:約10,000円
諸経費:4,500円/年
教科書・学習書代:約25,000円/年
体操着・体育館シューズ代:約5,000円
合計:約45,000円

受講料以外に教科書代や体操着代、諸経費などがかかってきますが、トータルでかかる費用は45,000円程度で、公立通信制高校の中では平均的な数字となっています。

受講料は約10,000円となっていますが、単位数によって変動する点には注意してください。また、神奈川県立厚木清南高等学校は部活動も積極的に行っている通信制高校で、部活によっては別途活動費などがかかる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

神奈川県立厚木清南高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

神奈川県立厚木清南高等学校の通信制は、自学自習が基本になります。

自宅でレポート作成などを行いながら、スクーリングに出席して試験を受けます。スクーリングは日曜日に行われており、年間18回通うシステムです。また、火曜日には、年18回の教科スクーリングがあり、個別指導が行われています。他にも夏季スクーリングや夜間スクーリングなど様々なスクーリングがあるため、自分に合ったものを選ぶことができます。

学習内容が充実しているというのも、神奈川県立厚木清南高等学校の特徴です。教育課程は前期後期の2学期制になっており、必履修科目だけではなく、基礎や基本を学ぶことができる基礎的な科目、より深く学べる発展的な科目など、多彩な自由選択科目が用意されています。

神奈川県立厚木清南高等学校(通信制)の進学・進路情報

神奈川県立厚木清南高等学校の、「2023年度 過去3年間の進路状況」を見てみると、以下のようになっています。

四年制大学
桜美林大学、専修大学、創価大学、高千穂大学、玉川大学、中央大学、桐蔭横浜大学、東京福祉大学、東京薬科大学、武蔵野大学、鎌倉女子大学、京都芸術大学、成城大学、東京工芸大学、東京通信大学、東京農業大学、日本大学、法政大学、神奈川大学、産業能率大学、相模女子大学、東海大学、サイバー大学

短期大学
自由が丘産能短期大学、洗足こども短期大学、相模女子短期大学、湘北短期大学、上智短期大学、小田原短期大学、神奈川歯科短期大学、新渡戸文化 短期大学

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次