願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

神奈川県立横浜修悠館高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

神奈川県の公立通信制高校である「神奈川県立横浜修悠館高等学校」。神奈川県内で公立通信を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立通信ということもあり、神奈川県立横浜修悠館高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」「作文」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

神奈川県立横浜修悠館高等学校は通信制ですが、月曜日から木曜日の平日スクーリング、または日曜開催のスクーリング(通学)に出席する必要があります。

そのため、

・遠方に住んでいる
・学校への通学ができない
・スクーリングの回数は出来るだけ少なめがいい

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、神奈川県立横浜修悠館高等学校にするか、スクーリングの回数が少なめの私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

神奈川県立横浜修悠館高等学校(通信制)の偏差値情報

神奈川県立横浜修悠館高等学校の入学試験では、学力テストは実施されません。

学力テストが行われないので生徒たちがどのくらの学力なのか把握することは不可能となっています。ですから偏差値というものは存在していないのです。

勉強が比較的得意な生徒も、反対に苦手意識がある生徒も幅広く受け入れています。入試に学力テストは行われないので、事前に試験対策などをする必要もありません。

神奈川県立横浜修悠館高等学校(通信制)の入試内容・対策

神奈川県立横浜修悠館高等学校の入学試験は「作文」と「面接」が行われます。

作文は30分以内に、与えられた課題について作文を書きます。課題は毎年2つ用意されていて、それに対する自分の考えを文章にします。

一つ目の課題は、「平日講座や日曜講座、IT講座のどれを活用したいか」、もう一つは「学校生活を通してどんなことを身につけたいのか」です。

面接試験はあくまでも形式上のもので、きちんと高校に通う意思があるのかを見極めています。質問されたことに素直に答えれば、特に問題はありません。面接で学校に通う意思がきちんとあること、やる気をアピールすれば落ちることはほとんどないと言われています。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

神奈川県立横浜修悠館高等学校(通信制)の学費・授業料

神奈川県立横浜修悠館高等学校の学費は次の通りです。

入学金 0円
授業料・単位取得料 7,500円(25単位)
教科書代 15,000円
諸会費 6,000円
合計 39,000円

平日講座は1単位あたり700円、日曜講座は1単位あたり350円となります。インターネットを活用した講座では、1単位あたり350円になります。

教科書代は一人ひとり異なりますが、約1万円から1万5000円前後です。さらに教育振興費や生徒会費、保護者コミュニティ会費などがあり、諸会費として年間6000円必要です。新入生で職に就いている人、もしくは2年時から一定の単位を取得して職に就いている生徒に対しては教科書代などが支給されます。

神奈川県立横浜修悠館高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

神奈川県立横浜修悠館高等学校は選択して教科や自分で決めた時間割によって通学頻度ほ異なりますが、平均で週に2回から3回学校に通うことになります。通学する曜日も、自分自身で決められます。

学びたい生徒が安心して学べる学校づくりを目標に掲げ、生徒が通いやすい環境を整える努力を惜しまない通信制高校です。

平日に授業を開催していることはもちろんのこと、仕事の都合などで平日に学校に通えない生徒のための日曜講座も実施しています。また学校に頻繁に通うことが難しい生徒のために、インターネットのeラーニングで授業を受けられるシステムも採用しているのも特徴です。

また部活動も有名な高校で、通信制高校ではあまり見かけない多くの部活動が存在します。特に全国大会などで優勝経験のある軟式野球部や、男子レスリングは強豪校として名が知られています。

神奈川県立横浜修悠館高等学校(通信制)の進学・進路情報

神奈川県立横浜修悠館高等学校では大学や専門学校、就職と幅広い進学先があるのが特徴的です。

大学への進学一覧
桜美林大学/神奈川工科大学/県立保健福祉大学/帝京大学/明治大学/学習院女子大学/金沢大学/国士舘大学/東京農業大学/和光大学/神奈川大学/関東学院大学/多摩大学/東洋大学、ほか

専門学校、その他への進学一覧
神奈川県立衛生看護専門学校/大原医療福祉保育専門学校/東京IT会計法律専門学校/日本外国語専門学校/町田・デザイン専門学校/神奈川県立産業技術短期大学校/日本工学院専門学校/湘南平塚看護専門学校

就職内定先一覧
オーケー(株)/(株)アイスコ/(株)エイ・ピー・シー/(株)ケイアンドティ/(株)すかいらーくレストランツ/(株)ドン・キホーテ/(株)ナップス/神奈川県庁/(株)ニチレイフレッシュプロセス

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次