願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

石川県立金沢泉丘高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

石川県の公立通信制高校である「石川県立金沢泉丘高等学校」。石川県内で公立の通信制高校を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立の通信制高校ということもあり、金沢泉丘高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」「作文」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学校の卒業資格さえあればどのような生徒でも入学できるので、勉強が苦手な生徒でも安心して出願できます。

金沢泉丘高等学校は通信制ですが、日曜日と月曜日のスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間20日程度)。

そのため、

・校舎から遠い場所に住んでいる
・日曜日や月曜日に通学ができない
・ネットだけで勉強できる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5万円から10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考慮した上で、金沢泉丘高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

石川県立金沢泉丘高等学校(通信制)の偏差値情報

石川県立金沢泉丘高等学校の通信制課程に偏差値はありません。

この学校の通信制課程に偏差値がないのは、この学校は入学試験で願書の提出と面接・作文だけをおこなっているからです。

これらの成績を総合的に考慮して、合格者を決定しています。学力テストは実施されていません。偏差値を調べるためには学力テストの結果が必要であるため、この学校の偏差値を調べることは不可能です。

石川県立金沢泉丘高等学校(通信制)の入試内容

石川県立金沢泉丘高等学校に入学したい人は、必要な書類を学校に提出することが必要です。提出しなければいけないのは入学願書や調査書などの書類です。自己申告書や返信用の封筒もあわせて提出する必要があります。中学校をすでに卒業した人は上記の書類の他に、出願資格確認書の提出も必要です。

入学願書を提出できる出願期間は決められていて、毎年3月の中旬から4月上旬ごろまで出願を受けつけています。令和6年の出願期間は3月12日から4月4日までです。学校に直接持ち込んで出願する場合には、午前9時から午後4時までの時間に限り出願ができます。

石川県立金沢泉丘高等学校では、入学試験として面接試験と作文試験を実施しています。これらの試験の他に提出された書類の内容も考慮して、合格者が決定されます。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

石川県立金沢泉丘高等学校(通信制)の学費・授業料

石川県立金沢泉丘高等学校の学費は次の通りです。

受講料 7,750円
※1年間で25単位を取得した場合
※就学支援金が支給される場合は受講料に充当されます
教科書・学習書代 約20,000円
レポート代 1,250円
※1年間で25単位を取得した場合
※原則として1単位あたり50円
その他の費用 約10,000円
※入学手数料、振興会費、生徒会費、教育行事等生徒負担金、雑費等
合計 約39,000円

就学支援金を利用すれば、年間の学費は3万2千円程度です。

石川県立金沢泉丘高等学校は年間20日程度のスクーリングがあるので、交通費も別途必要です。この高校の本校の校舎は金沢市泉野出町3丁目10番10号にあります。

石川県立金沢泉丘高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

石川県立金沢泉丘高等学校の通信制課程は、レポートの提出とスクーリングを中心にして生徒を指導しています。

本校のスクーリングは日曜日と月曜日におこなっていて、年間のスクーリング回数は20日程度です。スクーリングは、金沢市内にある金沢泉丘高等学校の校舎だけではなく、能登地区にある七尾サテライト校でもできます。

七尾サテライト校は金沢泉丘高等学校の分校です。石川県立七尾城北高校の校舎を使用して、スクーリングの面接指導をおこなっています。

石川県立金沢泉丘高等学校の通信制課程のカリキュラムは、自宅での学習が基本です。通信制課程は基本的に4年かけて卒業できるように、カリキュラムが組まれています。ですが、本人の努力次第では、3年間で卒業することも可能です。

石川県立金沢泉丘高等学校(通信制)の進学・進路情報

石川県立金沢泉丘高等学校の2021年度の卒業進路をみてみると、以下のような大学への合格実績があります。

進学先大学の一覧
富山大学、滋賀大学、石川県立大学、金沢学院大学、金沢星稜大学、北陸大学、北陸学院大学、金沢工業大学、金城大学、摂南大学、京都精華大学、京都ノートルダム女子大学、京都芸術大学、日本大学、東京電機大学、岡山理科大学、中京大学、愛知学院大学、中部大学、名古屋学院大学、恵泉女学園大学、慶應義塾大学、帝京大学、東海大学、京都産業大学、放送大学、BBT大学、日本大学通信教育部、大手前大学、帝京平成大学

まとめ

石川県立金沢泉丘高等学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次