願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

2024年度版|向陽台高等学校の偏差値・学費・入試内容

偏差値なし(学力試験なし)
入試内容書類選考、面接、作文
募集時期2024/2/10~3/26
学費年間297,000円~
資料請求通学エリアにある学校資料を請求する

向陽台高等学校は、大阪府茨木市に本校を置く通信制高校です。1964年に創設された、日本で2番目に古い私立の広域通信制・単位制の高校で、西日本を中心に12のキャンパスがあります。

一般的な高校とは異なり、通信制高校である向陽台高等学校には偏差値がありません。中学卒業見込みの方もしくは卒業している方であれば、年齢に関係なく誰でも入学資格があります。また、入学に関しては書類選考と作文、面接のみで学力試験はありませんので、学校生活が困難な生徒や学力に不安がある生徒でも安心して出願できる学校です。

向陽台高等学校は、生徒の自主性や主体性を重視した教育スタイルが特徴の高等学校です。高校卒業資格の取得を目指す生徒や資格・検定取得を目指す生徒、自分のペースで学びたい生徒や進学を目指す生徒など、さまざまな生徒におすすめの学校です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

向陽台高等学校の偏差値・入試内容

向陽台高等学校には「偏差値」がありません。

一般的な高校の入試には学力試験があるため偏差値が存在しますが、通信制高校である向陽台高等学校の入学に関しては、学力試験がないため偏差値という概念が存在しません。

向陽台高等学校の通信制に偏差値がない理由

では、なぜ通信制高校の入試には学力試験がないのでしょうか。

通信制高校は、不登校を経験した生徒や仕事を持っている方など、さまざまな理由で全日制高校に通うことが難しい生徒を受け入れることを目的としています。そのため、学力試験を実施すると、学力に不安のある生徒や学力以外の理由で全日制高校に通えない生徒を排除してしまう可能性が高くなってしまいます。

向陽台高等学校の入試内容

向陽台高等学校の入試は、書類選考と作文、面接で構成されています。作文のテーマは入試ごとに変わりますが、過去には入学後に頑張りたいことや将来の夢などが出題されています。学力や知識を問われることはありませんので、分かりやすい文章で丁寧に書くことが大切です。

向陽台高等学校は、学習意欲や社会性など生徒の人柄や資質を重視しながら、自宅や職場などで自分のペースで学習を進めていけることが魅力です。学力に不安がある場合や不登校の経験者などは向陽台高等学校の入学を検討してみてはいかがでしょうか。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

向陽台高等学校の学費・授業料

向陽台高等学校では、入学検定料が10、000円、初年度入学金として100、000円が必要です。

授業料は年間297,000円で、この金額は3年間変わりません。ただし、これ以外に教科書代として年間10,000円前後と体育館用シューズ代として3,000円が必要で、検定や資格取得などに関する費用も別途かかります。また、向陽台高等学校では授業料の297,000円を2期に分けて納入するシステムになっており、一括支払いには対応していないため注意が必要です。

向陽台高等学校就学支援金制度を利用可能

なお、向陽台高等学校では保護者の収入に応じて国の就学支援金制度を利用できます。利用可能な世帯年収の目安は次の通りです。

・590万円未満
・590万円以上910万円未満

590万円未満の世帯の場合は3年間の授業料が全額免除となり、590万円以上910万円未満の世帯の場合は3年間で356,400円(年間118,800円)の補助が受けられます。世帯年収が910万円以上の場合は補助を受けられません。ただし、いずれの場合も学校が指定する期日までに一度全額を納入し、納入後に還付される仕組みとなっているため注意が必要です。

また、各都府県や市町村の奨学金、日本学生支援機構奨学金などの各種奨学金制度も利用可能となっていますが、世帯収入により金額は異なりますので事前に調べておくとよいでしょう。

向陽台高等学校の特徴・カリキュラム

向陽台高等学校は、学校法人早稲田大阪学園が運営しており、早稲田摂陵高等学校と姉妹校の関係にあります。

日本全国35都府県におよぶ生徒を対象とする広域通信制の高等学校で、西日本を中心に12ある専修学校・専門学校と本校に入学し、専門教育と高等学校教育の双方を学ぶスタイルです。専門分野は調理・福祉・製菓・保育・ファッションなどがあり、それぞれの分野で役立つ技術や技能を習得できることが魅力です。

通学頻度はコースによって異なりますが、週2日から5日で登校する曜日は自由に選べます。また、登校は集中スクーリングのみで自宅学習が中心のコースもあります。カリキュラムは必修科目と選択科目で構成されており、選択科目は生徒の興味や進路に合わせて選択することができます。

通学コースは次の通りです。

・新卒コース
中学校新卒が対象で、登校は週2日から5日です。担任制を採用しており、中学の復習と並行して学習を進めます。週2日からの登校なので、中学時代に不登校などを経験した生徒でもむりなく学校生活の再スタートが可能です。

・総合コース
高校卒業資格の取得をめざすコースです。担任制で、週2日から5日まで自分が選んだ教科のみ出席し単位修得を進めます。簿記検定や危険物取扱者などの資格取得を目指す生徒におすすめです。

・進学コース
大学や短大を目指す生徒をサポートします。週4日から5日登校で、指定校推薦枠も充実しています。

・オンライン学習コース
登校は集中スクーリングのみなので、自宅でじっくり学習したい生徒におすすめです。少人数での学習スタイルで、環境が整えば他のコースに移ることも可能です。

向陽台高等学校の進路・進学実績

向陽台高等学校の進学・就職指導では、生徒一人ひとりの希望や適性に合わせて、さまざまなサポートを行っています。進学指導では希望に合わせた大学入学共通テストなどの受験対策を実施しており、約300校ある指定校推薦を利用して進学する生徒も大勢います。

令和4年度では国公立大学に5名、私立大学に522名、短期大学に25名が進学しており、過去の実績としては、

北海道大学・横浜国立大学・大阪大学・大阪府立大学など18校、私立大学では関西大学・同志社大学・近畿大学・早稲田大学・慶応義塾大学・立教大学など多くの有名私立大学があります。また、短期大学も大妻女子大短期大学部・大阪青山短期大学・大谷大学短期大学部

など17校の実績を持っています。

就職指導では模擬面接を実施するなど生徒の進路実現に向けた取り組みを行っており、ディップ株式会社・株式会社エンジョイワークス・株式会社Smart相談室など大手企業への就職実績があります。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次