願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

京都府立朱雀高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

京都府京都市内唯一の公立通信制高校である「京都府立朱雀高等学校」。京都府内で公立通信を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立通信ということもあり、京都府立朱雀高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」「作文」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

京都府立朱雀高等学校は通信制ですが、卒業要件としてレポート提出とテストに合格するだけでなく、週1回の月曜日と水曜日、月1回の日曜日に実施されているスクーリングの出席が義務付けられています。

また、各教科の最終テストの受験と総合学習の単位取得に必要なレポート提出のためには、計3時間以上のスクーリングの出席が必須となっています。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

京都府立朱雀高等学校(通信制)の偏差値情報

京都府立朱雀高等学校の通信制課程に偏差値はありません。

その理由は、「願書提出」「面接」「作文」で学力テストがないことによります。願書提出時に面接が行われ選考が行われ、別日で作文があります。学力による試験がないため、偏差値はないということになります。

注意すべき点としては、通信制の『入学願書』は中学校を通しての配布や、郵送などでの配布をしていないことです。

京都府立朱雀高等学校の「4月入学生」および「8月転・編入学生」の『入学願書』は校内の通信制職員室で配布が行われるため、入学を希望する場合は窓口へ出向く必要があります。

なお、「編入学生」の『入学願書』に限り、京都府立朱雀高等学校の公式サイト上からダウンロードして利用することも可能です。

京都府立朱雀高等学校(通信制)の入試内容・対策

京都府立朱雀高等学校の入試内容は「願書提出」「面接」「作文」となっています。

願書配布の開始時期、配布時間帯、試験日程など入学に関する具体的な内容は京都府立朱雀高等学校の公式サイトにて発表されます。

「願書提出」「面接」「作文」いずれも合否に関する明確な基準は京都府立朱雀高等学校側から公表されていません。

京都府立朱雀高等学校の通信制は、普通科や定時制とは異なり幅広い年齢の人に門戸が開かれています。

試験に際しては入学を希望する動機や入学後にやりたいことなど書類、口頭で伝えられるよう準備をする必要があるでしょう。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

京都府立朱雀高等学校(通信制)の学費・授業料

京都府立朱雀高等学校の学費、必要経費は次の通りです。

入学金および生徒会費 年間2,000円
授業料 年間4,375円(25単位取得した場合)
教科書および学習書代 年間15,000円
レポート郵送料 100gまで15円
合計約21,390円~

授業料に関しては就学支援金が認定された場合無償となります。

レポート提出の回数やスクーリングへの出席日数によって、追加で郵送料の支払いが必要となります。

高校から離れた地域に住んでいる人は登校時の交通費が別途掛かります。

京都府立朱雀高等学校には教科書補助、給付金、奨学金制度もあり、自分が該当するか入学前に確認することが大切です。

京都府立朱雀高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

京都府立朱雀高等学校の通学頻度は、学年や履修教科によりますが、スクーリングが行われる日に合わせて月1回の日曜日または週1回の月曜日あるいは水曜日となります。

スクーリング、レポート、テストの3つの単位の取得方法があり、教科によってはレポート提出やテストの受験をする前にスクーリングの受講を済ませておく必要があります。

京都府立朱雀高等学校のスクーリングでは教科ごとに義務出席時間が設定されており、それぞれの基準を満たすと単位が取得できるシステムとなっています。

卒業要件として、計74単位以上の単位を取得する他、ホームルームと進路学習会や健康学習会、校外学習、通信祭といった学校行事への参加が義務付けられています。

京都府立朱雀高等学校(通信制)の進学・進路情報

京都府立朱雀高等学校の卒業生の進路として、在学中から勤務をしている人は卒業後も同じ仕事を続けることが多いです。

一方で、関西を中心とした四年制大学や短期大学、専門学校などへ進学をしたり就職をしたりする人もいます。

主な進学先の一覧
関西大学 同志社大学 立命館大学 龍谷大学 帝京大学 関西国際大学 京都産業大学 京都橘大学 京都文教大学 京都精華大学 京都芸術大学 京都先端科学大学 池坊短期大学 華頂女子短期大学 京都光華女子短期大学 大阪コミュニケーションアート専門学校 大阪文化服装学院 大阪デザイナー専門学校 大阪保育福祉専門学校 大原簿記法律専門学校

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次