願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

【高校選びで後悔する前に】不登校生徒の進学先に「通信制高校」が増えている理由とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。

不登校に理解がある高校を簡単に調べる方法に進む

「全日制高校に入ったけどやめてしまった」

「人間関係が合わず登校できなくなってしまった」

不登校を経験した生徒が高校受験を頑張り、全日制高校に進学した結果、失敗したという声を良く聞きます。

その後悔の声は「不登校に理解がない学校を選んでしまった」に集約されます。

先生の理解が乏しくサポートがない

発達障害の息子。勉強はできるほうだったので高校受験をして進学校に行ったものの、クラスメイトとのコミュニケーションがうまくいかず、登校をしぶるように。

学校行事もすべて欠席。先生に相談をするものの発達障害への理解がなく、あまりサポートは期待できません。息子にあった学校への転校も考えています。

いじめられて不登校→通信制に転校

ASDの特性があり、周りとうまく意思疎通ができない。高校生のときにいじめられて不登校になった。実際、空気が読めずにいつも一人でいたし、クラスには迷惑をかけてしまったと思う。

ASDだからといって学校側が特別な配慮をしてくれるわけじゃない。先生のすすめもあり、高校2年生の春に通信制の高校に転校した。

支援があるという県立高校に進んで失敗

不登校経験者や発達障害者を受け入れる試みをしている県立高校に入学。

しかし、その試みも始まって間もなかったこともあり、あまり理解は得られませんでした

私は授業中にじっとしていることができず、授業途中で何度も別室に逃げることがあり、周りからは白い目で見られました。先生もどう対処したらいいかわからないようでした。

私自身、発達障害が理由でまわりとうまくコミュニケーションが取れず、不登校になりました。

「この学校で3年間は保たない」と思い、高校2年の時に通信制に転校。そこからは自分のペースで通学、勉強ができるようになり、周りの目も気にならなくなったので、精神的にだいぶラクになりました

不登校は以前よりも認知されるようになったものの、生徒の特性にあった授業を展開している公立校・私立校はほぼないのが現状です。

  • 理解が受けられない中でも工夫しながら通学する
  • 不登校に理解がある学校(通信制高校等)に進学・転校をする

どちらかになるといえるでしょう。

不登校の生徒に知ってほしい「通信制高校」という選択肢

クラスメイトと同じペースで通学・勉強するのが辛い生徒は、通信制高校への進学も視野に入れると学校選びの選択肢が広がります

  • 発達障害や不登校の生徒が多いので理解がある
  • 通学頻度や勉強のペースを調整できる
  • プログラミングなど好きな科目を勉強できる

ということもあり、不登校経験がある生徒だけでなく、進学先の選択肢として積極的に選ぶ家庭が増えています

高校卒業資格をとるための勉強自体は簡単なので、私は興味がある英語やプログラミングの勉強をしたり、大学受験に向けて準備をしていました。

全日制は強制的にカリキュラムが決まっていますが、通信制は自分の興味や目的に合わせて調整できます。

周りと同じペースでは頑張れないけど、自分の好きや得意、興味があることは頑張れる

という生徒には、合っていると思います。

不登校にはなりましたが、勉強はやりたかったし、大学にも行きたかったので、高2から志望校に合わせたカリキュラムを学校側に組んでもらいました
 
早期から受験対策できたことで、無事に第一志望の私大文学部に合格することができました

全日制高校に行くだけがすべてではありません。

無理して、人間関係に悩み、不登校になってしまうくらいであれば、通信制高校という選択肢もあることを知ってほしいなと思います。

発達障害に理解がある学校(通信制高校)の資料をまとめて請求する(無料)

不登校に理解がある高校を簡単に調べる方法は?

住所入力をすると、不登校に理解がある学校資料をまとめて請求できるサービスを利用するのが便利です。

使い方はとてもカンタン。

↓エリアを選択して↓

↓名前と住所を入力↓

入力はたったの60秒

住所を入力すれば、自動的に通学エリアの通信制高校を検索、学校の資料をまとめて取り寄せることができます

不登校に理解がある学校を1校ずつ探すのは、とても手間がかかります。

全日制高校(公立・私立)も探しつつ、通信制高校にも範囲を広げて合う学校を探していくのがスムーズだと思います。

不登校に理解がある学校(通信制高校)の資料をまとめて請求する(無料)

上記リンクをクリックすると、通学エリアにある通信制高校の資料を一括請求できるフォームに飛びます。

フォーム入力後、2-3日で複数校からの資料が届きます



資料を読み比べてみて、気になる学校は説明会に参加したり、発達障害に対するサポートについて聞いてみてみましょう

通信制高校は、発達障害や不登校生徒の受け入れは一般的なので、親身に相談に乗ってもらえるはずですよ!

不登校に理解がある学校(通信制高校)の資料をまとめて請求する


あなたの地域にある
学校資料を取寄せてみる

⬇⬇⬇

北海道・東北
北海道青森県
岩手県宮城県
秋田県福島県
山形県
関東
東京都神奈川県
千葉県埼玉県
茨城県栃木県
群馬県
中部
愛知県静岡県
石川県新潟県
長野県岐阜県
福井県富山県
山梨県
関西
大阪府兵庫県
京都府滋賀県
奈良県三重県
和歌山県
中国・四国
広島県岡山県
鳥取県島根県
山口県香川県
高知県愛媛県
徳島県
九州・沖縄
福岡県長崎県
熊本県佐賀県
宮崎県大分県
鹿児島県沖縄県

お住まいの都道府県をクリックすると、県内にある通信制高校の資料を一括請求できるフォームに飛びます。

フォーム入力後、2-3日で複数校からの資料が届きます



資料を読み比べてみて、気になる学校は説明会に参加したり、発達障害生徒に対するサポートについて聞いてみてみましょう。

通信制高校は、発達障害や不登校生徒の受け入れは一般的なので、親身に相談に乗ってもらえるはずですよ!

不登校に理解がある学校(通信制高校)の資料をまとめて請求する

\出願締切迫る! 資料請求お急ぎ下さい/
学校資料・募集要項を請求する