願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

三重県立北星高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

三重県の公立通信制高校である「三重県立北星高等学校」。三重県内で公立通信を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立通信ということもあり、三重県立北星高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」「作文」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

三重県立北星高等学校は通信制ですが日曜、木曜のどちらかのスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間22日)。

そのため、

・遠方に住んでいる
・指定曜日に通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、三重県立北星高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

三重県立北星高等学校(通信制)の偏差値情報

三重県立北星高等学校では一般的な高校で採用されている学力を図るための偏差値が設けられていません。

これは、入学時に学力試験が行われず願書の提出、面談、作文で合格の判断が下されることが主な理由に挙げられます。

そのため、中学で学校の授業に付いていくことができなかったなど、学力面での不安を抱えている人でも心配いりません。

三重県立北星高等学校(通信制)の入試内容・対策

三重県立北星高等学校の入試は大きく分けて願書による書類選考、面接、作文の3つです。

作文は例年将来の夢と、夢を実現させるために北星高校で挑戦したいことというテーマが設けられています。作文は面接時に口頭で発表する形となりますが、原稿を読むことが認められているので事前に内容を暗記しておく必要はありません。

三重県立北星高等学校は合格率が高めに設定されていますが、誰でも受け入れるわけではなく真面目に勉強に取り組む姿勢が見られなければ不合格となります。作文は面接官に入学したい気持ちが伝わる内容を心掛けることが大切です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

三重県立北星高等学校(通信制)の学費・授業料

通信制高校に進学するにあたって、学費などの費用の心配をする保護者も少なくありません。

三重県立北星高等学校の学費は年間53,000円前後です。内訳は授業料8,000円程度、教材費3.5000円弱、ネットの通信料を含む諸経費が1万円程度となっています。

公立の通信制高校の相場より若干高めに設定されていますが、自治体が設けている支援制度を利用すれば費用を抑えることが可能です。

ただし、入学時点で何らかの職に就いている、2年次に一定の単位を取得した状態で仕事をしているといった条件をクリアしなくてはいけません。書類を提出して利用が認められると教科書、学習書の支払いが免除されます。

三重県立北星高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

三重県立北星高等学校のカリキュラムは、毎週行われているスクーリングとNHK講座の視聴が中心です。

スクーリングは毎週日曜と木曜に実施されていますが、仕事などで参加が難しい場合には火曜日に振替授業をしてもらうこともできます。

ただし、火曜日は救済措置という位置づけになるので、一部の科目は日曜もしくは木曜のスクーリングでしか単位を取得することができません。

そのほか、定期的に授業で習ったことをまとめたレポートの提出も必要になります。レポートは進級試験を受けるための条件に含まれているため、期限内の提出を守らなくてはいけません。

三重県立北星高等学校は勉強以外の活動にも力を入れているのが特徴です。修学旅行や遠足などのイベントで生徒同士の交流を深めたり、進学時に面接のアピールポイントになる生徒会への参加も認められています。

三重県立北星高等学校(通信制)の進学・進路情報

卒業後の進路の選択肢の多さは、三重県立北星高等学校ならではの強みの一つです。

卒業生の8割近くが進学を希望していて、四日市大学や日本大学に進む生徒も少なくありません。三重県立北星高等学校では指定校推薦の制度も設けられています。

主な選択肢として挙げられるのが名古屋経済大学、名古屋学院大学などです。就職先については公開されていませんが、進学と同じように高い実績と就職率を誇っています。

将来の夢がハッキリしている生徒は就職や専門学校、勉強を続けながら夢を見つける人は大学と自分に合った選択ができる環境が整っているので安心です。

まとめ

三重県立北星高等学校は通信制ですが、月数回の通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次