願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

長野県長野西高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

長野県の公立通信制高校である「長野県長野西高等学校」。長野県内で公立通信を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立通信ということもあり、長野県長野西高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」「作文」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

長野県長野西高等学校は通信制ですが、日曜日のスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間21日)。

そのため、

・遠方に住んでいる
・日曜日の通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、長野県長野西高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

長野県長野西高等学校(通信制)の偏差値情報

長野県長野西高等学校には学力の判断の目安となる偏差値がありません。

これは入試に学力試験がなく、対面での面接や事前に決められたテーマに沿った作文の内容で合否の判断が下されることが主な理由に挙げられます。そのため、学力に自信がなく試験で落ちてしまうのではないかと不安に感じて他校の受験を諦めている人も安心です。

長野県長野西高等学校(通信制)の入試内容・対策

入試は願書の提出、面接、作文の提出の3つになります。

作文は願書と一緒に提出をして、当日中に面接という流れです。どちらか一方でも提出できないと断られてしまうので、余裕を持って作文を完成させてないように不備がないか確認しておかなくてはいけません。

長野県長野西高等学校の入試の倍率は1倍と言われていますが、必ずしも全ての生徒が合格できるわけではありません。作文の内容がテーマに沿っていない、綿セでの態度が悪かったなどの理由で不合格になるケースもあります。志望動機、長所や短所など質問にハッキリと答えられるように準備しておくことが大切です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

長野県長野西高等学校(通信制)の学費・授業料

長野県長野西高等学校は自学自習がメインになります。

日曜日にスクーリングと呼ばれる面接授業が行われますが、それ以外は自分で時間割を決めて勉強をするのが基本です。定期的なスクーリングの出席が難しい場合には、別の場所で行われる面接やNHKの高校講座の視聴で代用することも認められています。

学費は年間3万円弱で内訳は入学金約180円、授業料5,500円、そのほか通信費を含む教育関連費が24,000円前後です。国が設けている就学支援金制度を利用することで、授業料が免除になるケースもあります。

適用にはいくつか条件があるので、事前に問い合わせて確認しておくと安心です。

長野県長野西高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

長野県長野西高等学校は毎週日曜日にスクーリングが開催されていますが、必ずしも全て出席しなくてはいけないわけではありません。

年間21日出席以上で条件を満たすことができます。そのほかの必須条件として挙げられるのがレポートです。

通信制高校では定期的なレポートの提出が求められますが、長野県長野西高等学校は1科目につき年間2通から12通程度と少なめに設定されています。単位の取得するために必要な試験は年に3回です。科目ごとに設定されたレポートを期限までに提出することで初めて試験を受ける資格が得られます。

万が一試験に不合格になっても別途用意されている特設試験で合格をすれば問題ありません。毎週日曜のスクーリングでは生徒同士が交流する時間も設けられているので、通信制でも気軽に友人を作ることができます。

長野県長野西高等学校(通信制)の進学・進路情報

進路の選択肢の多さも長野県長野西高等学校特徴の一つです。

進学先は国公立であれば富山県立大学や高知大学、短大は信州短期大学、長野女子大学に進む生徒が多くいます。

専門学校も同様に、外語ビジネスや長野救命医療といった幅広いジャンルの進学先が用意されているので、自分の希望する道を進むことが可能です。

就職先は三菱自動車松代工業、ヤマト運輸、和光食品工業といった専門技術を磨くことができる会社が揃っています。各業界の国内大手企業への就職が実現できるのは、長い歴史と高い実績を誇る長野県長野西高等学校ならではの強みです。

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次