願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

奈良県立大和中央高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

奈良県の公立通信制高校である「奈良県立大和中央高等学校」。奈良県内にある公立の通信制高校に通いたい生徒や、学費が低額な通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立の通信制高校ということもあり、大和中央高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書の提出」と「面接」だけなので、学力試験による選考がないのが特徴です。中学校の卒業資格さえあればどのような生徒でも入学試験を受験できるので、試験が苦手な生徒でも安心して出願できます。

大和中央高等学校は通信制ですが、日曜日か平日にスクーリング(通学)に出席する必要があります(週1回)。

そのため、

・学校から遠い場所に住んでいる
・毎週スクーリングができない
・完全にネットだけで勉強できる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5万円から10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、大和中央高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

奈良県立大和中央高等学校(通信制)の偏差値情報

奈良県立大和中央高等学校の通信制課程に偏差値はありません。

大和中央高等学校の通信制課程に偏差値がない理由は、願書の提出と面接のみで入学試験をおこなっているからです。提出された書類の内容と面接の結果を考慮して、合否を決めています。

そのために、学力テストは一切実施していません。学力による試験をおこなっていないので、偏差値を調べることも不可能です。

奈良県立大和中央高等学校(通信制)の入試内容・対策

奈良県立大和中央高等学校では、入学を希望する受験者を選抜するための入学試験として、面接試験を開催しています。

面接試験は毎年3月の上旬ごろに開催されています。提出された書類の内容なども考慮して、最終的に合格者が決定します。

大和中央高等学校の面接試験は、一人一人の受験者に個人面接をおこなっています。1人あたりの面接時間は、およそ5分です。

面接試験では、この学校を志望した動機などが問われます。通信制課程における学習方法を志望者が理解しているかどうかや、入学した後の学習計画が、面接で聞かれることもあります。将来の進路について聞かれることもあるので、これらの質問にはしっかりと答えられるように、準備しておいた方が最適です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

奈良県立大和中央高等学校の学費・授業料

奈良県立大和中央高等学校の学費は次の通りです。

入学金 500円
受講料 8,400円
※1年間で25単位を取得した場合
※就学支援金が支給される場合は受講料に充当されます
講演会費 2,000円
生徒会費 1,000円
日本スポーツ振興センター掛金 230円
教科教材費 1,970円
生徒証代 300円
合計 14,400円

就学支援金を利用すれば、年間の学費は6千円程度です。なお、上記の費用の他に教科書代も必要になります。受講料以外の学費と教科書代の合計額は、2万円から3万円程度です。

奈良県立大和中央高等学校はスクーリングが週1回のペースであるので、一般的な通信制課程の高校よりも、交通費が多めにかかります。遠い場所に住んでいる生徒は授業料よりも交通費のほうがか高くなることもあるので、学費と交通費の合計額をあらかじめ計算しておいてください。

奈良県立大和中央高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

奈良県立大和中央高等学校の通信制課程は、基本的に毎週スクーリングを開催しています。

この学校の通信制課程には2種類の通学コースがあり、生徒は通いやすい方のコースを選んで通学できます。日曜コースは毎週日曜日にスクーリングが開催されていて、午前9時から午後4時10分まで指導をしています。

この学校の通信制課程には平日コースもあり、このコースは火曜日か水曜日のどちらかを選んで通学できます。平日コースのスクーリングは、午前9時から午後3時15分までです。

奈良県立大和中央高等学校のカリキュラムは、自宅での学習が基本です。日曜コースを選択すれば、3年間で卒業することも可能です。大和中央高等学校の通信制課程では各種の学校行事も開催していて、生徒はスポーツ交流会や夏祭りなどの学校行事に参加できます。

奈良県立大和中央高等学校(通信制)の進学・進路情報

奈良県立大和中央高等学校の通信制課程の卒業進路をみてみると、以下のような大学や専門学校への合格実績があります。

進学はせずに就職をする卒業生もいるため、さまざまな進路実績を持っています。

進学先大学の一覧
関西大学、京都産業大学、近畿大学、同志社大学、奈良大学、立命館大学、龍谷大学、大阪経済大学、大阪商業大学、帝塚山大学

進学先短期大学の一覧
大阪女子短期大学、京都文教短期大学、奈良佐保短期大学、奈良文化女子短期大学

進学先専門学校の一覧
大阪情報コンピュータ専門学校、京都建築大学校、奈良調理短期大学校、日本医療学院専門学校、ル・クレエ橿原美容専門学校

まとめ

奈良県立大和中央高等学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次