願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

2024年度版|NHK学園高等学校の偏差値・学費・入試内容

偏差値なし(学力試験なし)
入試内容書類選考、面接
募集時期2024/1/15~2024/3/19
学費年間385,100円~
資料請求通学エリアにある学校資料を請求する

NHK学園高等学校は全国、さらには海外在住の生徒も受け入れている通信制高校です。

NHKが1962年に創立した、日本初の広域通信制高校として知られています。20年もの実績があるリモート指導や、NHK高校講座を活用していつでもどこでも自由に学べる環境が整っています。とりわけ、NHK高校講座の放送授業を視聴して学習できるのが特色と言えるでしょう。全国40カ所にスクーリング会場があるため、オンラインだけでなく直接先生に質問、相談できるサポート体制が魅力です。

通常の高校とは異なり、NHK学園高等学校は偏差値が存在しません。中学卒業見込みの方、卒業している生徒であれば誰でも入学資格があります。住んでいる場所に縛られることなく出願できるのも特徴でしょう。

学力試験はありませんが、書類選考と面接があります。学力に不安がある生徒や登校に不安がある生徒も安心して出願できる学校です。ホームページでは募集要項や出願書類は閲覧できないため、早めに取り寄せて準備しておくと良いでしょう。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

NHK学園高等学校の偏差値・入試内容は?

NHK学園高等学校には「偏差値」と呼ばれるものはありません。NHK学園高等学校の試験内容は、

・書類選考
・面接試験
・作文(登校コースのみ)

となっています。

偏差値は、国語や数学といった学力試験の点数を元に算出されます。NHK学園高等学校では国語や英語、数学といった点数が付けられる学力試験そのものがないため、偏差値で合否を判断することができなくなっているのです。点数で見える学力ではなく、書類選考や面接といった、実際に顔を合わせて話すことで知る人となりを重視した選考を行っていると言えるでしょう。

NHK学園高等学校の入試内容の特徴・対策

NHK学園高等学校の入試の特徴として、事前に決められた日に一斉に入学選考を行うスタイルを取っていないことが挙げられます。

入学選考は事前に決められた日に一斉に行うのではなく、出願期間中に出願書類を提出し、書類が揃った時点で選考日を書面もしくは電話で伝えられます。

登校コースでは面接とあわせて作文試験も行いますが、面接、作文いずれも学習に対する意欲や、どういう学校生活を送りたいか、入学後にどう過ごしたいか、不安に感じていることはあるかといった、入学後のイメージを共有するために行うものです。

面接では難しい質問はされないため、入学後の生活に対する不安や心配なことも含め、リラックスして自分の思いを伝えましょう。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

NHK学園高等学校の学費・授業料

NHK学園高等学校では、スタンダードコース、ライフデザインコース、登校コースの3つのコースがあり、どのコースを選択しても入学金は35,000円です。

ただし推薦入学の場合、入学金は免除されます。1単位当たりの授業料はスタンダードコースとライフデザインコースは12,000円、登校コースは15,000円です。他にも施設設備充実費や教育運営費など、コースによって費用が異なります。

スタンダードコースの年間学費の概算は以下の通りです。

授業料:300,000円(25単位)
施設設備充実費:20,000円
教育運営費:40,000円
生徒会費:2,000円
教材費:約22,000円(1教科約2,000円)
教材送料:1,100円
合計(目安):385,100円

就学支援金の適用やNHK学園高等学校独自の奨学金制度もある

NHK学園高等学校は、国の就学支援金制度の対象です。

・世帯年収590万円未満:1単位最大12,030円支給
・世帯年収590~910万円未満:1単位最大4,812円支給

世帯年収が590万円未満だった場合、授業料は全額無料になり、年間の学費の目安は約85,100円です。一方、世帯年収が590~910万円未満の場合、授業料を最大120,300円まで支給してもらえるため、年間の学費の目安は約264,800円になります。

その他、NHK学園高等学校では独自の奨学金制度があり、世帯年収が概ね250万円未満の世帯であれば選考によって年100,000円の返還不要の学習サポート金が給付されます。

NHK学園高等学校のカリキュラム・特徴

NHK学園高等学校は、NHK高校講座をはじめとしたテレビやラジオ放送、インターネットを活用した学習が特徴です。

新入学はもちろん、高校受験をしなかったり、中退したり、不登校だったりした人でも転入や編入を通じて入学できます。NHK学園高等学校にはスタンダードコース、ライフデザインコース、登校コースの3つのコースがあります。

スタンダードコース

スタンダードコースは、自分のペースで学習を進められ、ライフスタイルに応じて柔軟に登校スタイルが選べるコースです。スクーリングは土曜、日曜、月曜の月1~2回登校、もしくは年3~4日間連続の集中スクーリングが選べます。スクーリングは全国40カ所あり、会場ごとに学校行事や生徒会活動に特色があります。独自開発したネット学習システムで、レポートの提出や質問など、効率的に在宅学習を進められるでしょう。

ライフデザインコース

ライフデザインコースは不登校特例校として、コミュニケーションの基本を学び、社会で生きる力を育むコースです。1年次は登校の回数を少なくし、学年が上がるにつれ徐々にスクーリングの回数を増やしていきます。1年次は年2~4回のスクーリングです。登校日数が少ない分、インターネットを通じてホームルームや双方向指導を行い、安心してスクーリングに参加できるようにサポートしています。

登校コース

登校コースは、平日水曜、木曜、金曜の週3日の登校で、グループワークや教科外活動などが充実しており、生徒同士や先生との関わりの中で学べるコースです。スクーリングは東京本校のみのため、東京近郊に住んでいると通いやすいでしょう。登校コースならではの学校行事や課外活動などのイベントで、充実したスクールライフを送れます。

NHK学園高等学校の進路・進学実績

偏差値がないNHK学園高等学校ですが、だからといって進学実績がないわけではありません。将来を見据えた進路指導は1年次から力を入れており、生徒の個々の目標に応じて受験指導を行っています。

NHK学園高等学校の主な進学先は次の通りです。

国立大学:東京大学、京都大学、大阪公立大学、横浜市立大学、新潟大学、北海道教育大学他

私立大学:青山学院大学、学習院大学、関西学院大学、北里大学、近畿大学、国立音楽大学、慶應義塾大学、上智大学、多摩美術大学、東京理科大学、同志社大学、立教大学、早稲田大学他

また、指定校推薦として桜美林大学、駒澤大学、獨協大学、立教大学、帝京大学の他、専門学校への指定校推薦もあります。大手予備校やハローワークなどと連携し、外部のノウハウも活用しながら、卒業後の進路も一人ひとりに応じたサポートを行っています。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次