願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

新潟県立新潟翠江高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

新潟県立新潟翠江高等学校は、新潟県内に2つある公立通信制高校のうちの一つです。

通信制高校は、通学が難しい生徒や働きながら高校卒業を目指す生徒に適した学校であり、新潟県立新潟翠江高等学校も、そうした生徒にあった学習環境を提供しています。

入学試験の内容は願書の提出と面接のみです。全日制普通科のような学科試験は行われません

実技教科の体育や音楽、実験をともなう理科などの科目については、レポート学習だけでは十分な学習効果を得られないため、スクーリング授業の参加が必須となっています。

新潟県立新潟翠江高等学校では、土日を中心に月に2回から4回、年間で24回のスクーリングの日程が組まれており、履修をする教科のスクーリング開催日に合わせて登校するシステムです。

土日どちらも登校してスクーリングに出席する場合は、通常よりも早く卒業に必要な単位を取得できたり、スムーズに今後の学習の目標を立てたりすることが可能となります。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

新潟県立新潟翠江高等学校(通信制)の偏差値情報

新潟県立新潟翠江高等学校の通信制課程に偏差値はありません。

その理由は、「願書提出」「面接」で学力テストがないことによります。

新潟県立新潟翠江高等学校の通信制の『入学願書』は中学校を通しての配布は行われないため注意が必要です。

『入学願書』は、同校の通信制課程の公式ホームページでダウンロードして家庭で印刷を行うか、校舎まで直接来訪する方法の二つがあります。

新潟県立新潟翠江高等学校の願書の交付日時は、例年2月以降ホームページ上で発表されるため確認が必要です。

新潟県立新潟翠江高等学校(通信制)の入試内容

新潟県立新潟翠江高等学校の入試内容は、出願時の書類の提出およびその内容に基づいた面接が行われます。

入学の要件や、面接の項目、点数などは公表されていないものの、通信制高校を卒業するために必要な学習意欲や目標があるか、書類審査と面接を通じて確認されると考えられます。

そのため、入学願書をしっかりと記載するのはもちろん、面接に向けて自身の入学後のプランについて固めたり、自分の強みをアピールできるようにしたりと対策が必要です。特に、すでに仕事に就いている社会人は、入試や入学後の学習に向けて早めにスケジュールを立てることが大切です。

新潟県立新潟翠江高等学校(通信制)の学費・授業料

新潟県立新潟翠江高等学校の学費は次の通りです。

入学料:500円
年間の授業料、生徒会費や諸経費、教科書・ 学習書等の費用、指定靴代金を含め計約40,000円
願書提出と面接時の入学検査料は掛かりません。

学校行事やスクーリング授業に参加をする際は、居住地により別途交通費が必要となります。

特に実技系の教科を中心に履修をしたい場合は、授業料と交通費を合わせた金額を確認することが大切です。

新潟県立新潟翠江高等学校では、教育の機会均等の観点から、生徒自身や家庭の経済事情により入学料の減免や修学支援金制度を利用できることがあります。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

新潟県立新潟翠江高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

新潟県立新潟翠江高等学校では、主に土曜日と日曜日にスクーリング授業が行われています。通信制では卒業までの間に、学年や履修をする教科に応じて、月に2回から4回程度の頻度で通学が必要となります。

特に、実技系の科目は自宅学習やレポート提出ではなく、スクーリング授業のみで単位を取得するシステムとなっています。

新潟県立新潟翠江高等学校のスクーリングは数学や国語、体育、音楽などの教科の他に、ビジネス入門など実社会で役立つ科目が設定されているのが特徴です。

通信制高校でありながら、スクーリングの日は1日あたり6つの授業が行われており、ホームルームや昼食、下校前の清掃など一日の流れが全日制の高校と同じようになっています。

新潟県立新潟翠江高等学校(通信制)の進学・進路情報

新潟県立新潟翠江高等学校の卒業後の進路は、県内外の大学や短大、専門学校への進学をする人から、公務員や自営業、パートなど仕事に就く人など多様です。

年度によって若干の違いはありますが、大学や短大に進学をする人は県外へ、専門学校に進学をする人は県内にとどまる人が多い傾向があります。

詳しい就職先については公表されていませんが、新しく就職をする人は一般採用と縁故採用の割合が多くなっています。また、他の通信制高校と同様に、新潟県立新潟翠江高等学校においても社会人の生徒は卒業後も同じ職場で働き続ける人も少なくありません。

まとめ

新潟県立新潟翠江高等学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次