新潟県立高田南城高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

最初に読んで≫「学費だけが安い通信制高校を選んで 失敗する家庭が多い理由とは?

新潟県には公立通信制高校が2校あり、その内の1つが「新潟県立高田南城高等学校」です。新潟県内で公立通信制高校を探している生徒や、学費が安い通信制を探している過程は自然と選択肢に入る高校でしょう。

公立通信ということもあり、高田南城高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあれば誰でも入学を希望できるため、学力に不安がある生徒も安心して出願できます。

高田南城高等学校は通信制ですが、日曜・火曜のスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間19日)。そのため、

・遠方に住んでいる
・平日や日曜の通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には向いていない可能性があります。

私立の通信制高校の中には、通学のないネットコースであれば年間5~10万円程度で通える学校も増えています。通いやすさを考えた上で、高田南城高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めると良いでしょう。

1 N高等学校

生徒数

27,712人

対応地域

全国入学可能

POINT

オンラインで英語・プログラミング・受験勉強までできる通信制高校!毎年のように東大合格実績あり!世界で評価される通信制のTOP校

CHECK POINT

生徒数日本No.1の通信制高校!
※勉強/受験/部活もオンラインで可能
カウンセラー常駐で相談できて安心

 オープンキャンパス受付中!! 

2 ルネサンス高等学校

生徒数

8,621人

対応地域

全国入学可能

POINT

少ない登校日数で高校卒業資格が取れる通信制高校!自由なカリキュラムで「通学が苦手」「学校以外にやりたいことがある」生徒に人気!

CHECK POINT

出席日数が少ないので人間関係に不安を感じる生徒にピッタリ!

 オープンキャンパス受付中!! 

第一学院高等学校

生徒数

6,191

対応地域

全国入学可能

POINT

通信制だけど大学進学したい」生徒にピッタリな通信制高校。特別進学コースや大手予備校と提携したライブ授業も受講可能

CHECK POINT

※通信制高校でも大学進学はしたい!という生徒におすすめ
※在学中だけでなく卒業後もサポートが受けられる

 オープンキャンパス開催中!!

3校の資料をまとめて請求する>>

目次

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の偏差値情報

新潟県立高田南城高等学校の通信制課程に偏差値はありません。

その理由は、入学者の選抜方法が「願書提出」「面接」で、学力テストがないことによります。学力による試験がないため、偏差値はないということになるのです。

注意すべき点としては、出願は新潟県公立学校ウェブ出願システムで手続きしなければならないことが挙げられます。ウェブ出願システムで必要な情報を登録した上で、出願に必要な書類を高田南城高等学校に郵送、もしくは持参します。

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の入試内容・対策

新潟県立高田南城高等学校の入学方法について、公式サイトの募集要項を確認すると、以下のような内容が明記されています。

<新潟県公立ウェブ出願システムで手続きを行う>
入学を希望する生徒は、ウェブ出願システムにおいて出願に必要な情報を登録する必要があります。

<指定期間中に願書提出する>
入学願書提出期間中に、入学願書と必要書類を揃えて学校に提出します。提出方法は郵送、持参どちらでも問題ありません。

<面接>
願書提出後、別日に面接が行われます。

具体的な入学要件については特に明記されていませんが、通信制高校であることを踏まえて、学習意欲や進路に向けた熱意などが重視されると考えられます。

公立の通信制高校なので所定の手続きを踏めば誰でも入学可能ですが、詳細な入学要件については、随時行っている学校説明会で確認しましょう。

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の学費・授業料

新潟県立高田南城高等学校の学費は次の通りです。

入学料:500円
授業料:8,250円(25単位)
教科書・学習書代:約14,000円
シューズ代:3,700円
合計:約26,450円

その他諸経費がかかる場合があります。

就学支援金を利用することで授業料が減免される場合、年間学費は約18,200円になります。ほとんどが教科書代やシューズ代の実費となり、学費は安いと言えるでしょう。

高田南城高等学校は週1~2日のスクーリングがあるため、別途交通費がかかります(校舎住所は上越市南城町3丁目)。遠方の生徒は授業料よりも交通費の方がかさんでしまうこともあるので、学費+交通費で計算するようにしましょう。

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

新潟県立高田南城高等学校は、通信制高校としてスクーリング、レポート、定期考査によって学習を進めていきます。

スクーリングは日曜・火曜に行われ、年間で19日間登校します。

高田南城高等学校の特徴として、日曜・火曜に行われる通常のスクーリングに加え、希望に応じてスクーリング機会を増やせることが挙げられるでしょう。

水曜は上越教育大学大学院生によるレポート作成支援、木曜は独自の学校設定教科「Mキャリア」を実施しています。

「Mキャリア」は、学習レベルに合わせて学び直しをする科目や、卒業後の自己実現とキャリア形成を探求する科目などで構成されています。平日も通学で学びたいという人には通いやすい学校でしょう。学校行事は、遠足や体験学習、生活体験発表大会、体育祭など多くの特色ある行事の中から、自分で選択し、参加します。

新潟県立高田南城高等学校(通信制)の進学・進路情報

新潟県立高田南城高等学校の2022年度の卒業進路を見ると、以下のような進路実績があります。具体的な学校名に関する情報は公式に発表されていませんが、大学の他、専門学校への進学や就職など、多彩な進路実績を持っていることが分かるでしょう。

大学等進学者数:5人
専門学校進学者数:24人
就職者数:11人
その他:38人

高田南城高等学校は、「全国一、面倒見の良い通信制高校」「全国一、進路希望達成率の高い通信制高校」を掲げており、独自のカリキュラムである「Mキャリア」を実施するなど、進路実現に向けた学びのサポートが充実しており、卒業後の進路にも力を入れていることが分かります。

まとめ

高田南城高等学校は通信制ですが、月数回の通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

1 N高等学校

生徒数

27,712人

対応地域

全国入学可能

POINT

オンラインで英語・プログラミング・受験勉強までできる通信制高校!毎年のように東大合格実績あり!世界で評価される通信制のTOP校

CHECK POINT

生徒数日本No.1の通信制高校!
※勉強/受験/部活もオンラインで可能
カウンセラー常駐で相談できて安心

 オープンキャンパス受付中!! 

2 ルネサンス高等学校

生徒数

8,621人

対応地域

全国入学可能

POINT

少ない登校日数で高校卒業資格が取れる通信制高校!自由なカリキュラムで「通学が苦手」「学校以外にやりたいことがある」生徒に人気!

CHECK POINT

出席日数が少ないので人間関係に不安を感じる生徒にピッタリ!

 オープンキャンパス受付中!! 

第一学院高等学校

生徒数

6,191

対応地域

全国入学可能

POINT

通信制だけど大学進学したい」生徒にピッタリな通信制高校。特別進学コースや大手予備校と提携したライブ授業も受講可能

CHECK POINT

※通信制高校でも大学進学はしたい!という生徒におすすめ
※在学中だけでなく卒業後もサポートが受けられる

 オープンキャンパス開催中!!

3校の資料をまとめて請求する>>

目次