願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

沖縄県立泊高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

沖縄県の公立通信制高校である「沖縄県立泊高等学校」。沖縄県内で公立通信を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立通信ということもあり、沖縄県立泊高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」「作文」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

沖縄県立泊高等学校は通信制ですが、日曜日に行われるスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間40日)。

そのため、

・遠方に住んでいる
・日曜日の通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、沖縄県立泊高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

沖縄県立泊高等学校(通信制)の偏差値情報

沖縄県立泊高等学校には、学力レベルの目安となる偏差値が存在しません。

これは、願書の提出と面接の内容で合否の判断が行われることが理由に挙げられます。

通信制の高校は生徒の勉強への意欲、卒業まで続けられるかという点を重視されるのが特徴です。沖縄県立泊高等学校も同様に、生徒の気持ちを一番に考えるので学力を気にする必要はありません。

沖縄県立泊高等学校(通信制)の入試内容・対策

沖縄県立泊高等学校の入試は願書の提出と面接、簡単な筆記テストです。

面接では通信制高校を選択した理由、将来目指したい道についての質問が中心になります。

生徒の人となりを知るための大事な質問なので、教科書通りの回答ではなく自分の気持ちを素直に伝えることが大切です。

面接後に実施される5科目の筆記テストは、一般的な高校の入試とは異なります。学力レベルの調査が目的なので、中学の基礎が備わっていれば問題なく回答可能です。

トータルの点数が合否に影響することもなく、不正解が多いからという理由で不合格になる心配はありません。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

沖縄県立泊高等学校(通信制)の学費・授業料

通信制高校は、学費の安さが大きな魅力となります。

沖縄県立泊高等学校も年間の学費は4万円弱程度と少ない負担で通えるのが強みです。

学費の内訳は校納金3万円前後、授業料8,000円程度となっています。

通信制高校は自分のペースで通うことができるのがメリットですが、卒業まで5年、10年と長い期間になると負担が大きくなるのは否めません。

学費の支払いが難しい場合には、就業支援制度を利用することもできます。就業支援制度は入学時点で何らかの仕事に就いている、2年次以降規定の単位を取得して働いていることが条件です。申請が認められれば教科書、学習書を無料で提供してもらえます。

沖縄県立泊高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

カリキュラムはスクーリング、特別学習、自学自習の3つです。

毎週日曜日に行われるスクーリングは、朝9時から夕方16時前後までの6時間授業で行われます。給食などの昼食は提供されないので自分で用意しなくてはいけません。

特別学習は生徒会や部活動といった、授業以外の活動のことです。遠足や修学旅行などの学校行事はありませんが、部活動に力を入れているので生徒同士の交流を図りやすい環境が整っています。

沖縄県立泊高等学校は卒業するためにスクーリング74単位、特別学習30時間以上という条件をクリアーしなければいけません。自学自習やスクーリングの出席だけでは卒業することができないので、自分の興味のある部活を選ぶことが大切です。

沖縄県立泊高等学校(通信制)の進学・進路情報

卒業後の進路の選択肢の充実も沖縄県立泊高等学校の魅力です。

卒業生の半数以上が選択すると言われる進学は、沖縄大学や東京通信大学などレベルの高い学校に進むことができます。

手に職を付けたいという理由で選ぶ人も多い専門学校も同様に、美術系やIT系といった幅広い進路から選択できるのが特徴です。

就職先についての情報は公開されていませんが、ネットでは同級生が建設会社の経営者になったなどの卒業生の口コミも上がっています。

沖縄県立泊高等学校は自分のペースで勉強しながら、将来の夢に向かって進める環境が整っているのが魅力です。

まとめ

沖縄県立泊高等学校は通信制ですが、月数回の通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次