願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

群馬県立太田フレックス高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

群馬県立太田フレックス高等学校は、群馬県太田市下田島長にある公立高校です。

・単位制で3年間での卒業が可能
・月に2回(日曜)のスクーリング

というメリットがあるように、「えらべる、まなべる、フレックス」をスローガンとしたカリキュラムで構成されています。

進学、就職など将来の目標に合わせたサポートが整い、部活動では運動部、文化部ともに活動が盛んです。校則はなく、単位制で自由に学ぶことを自主選択していくスタイルのため、自主性が養えます。

学級(HR)や集団での活動が特に設けられておらず、自分のペースで学べることから、普通高校に通うのが難しい生徒や、趣味や仕事を優先しながらも高校卒業の資格を得たい生徒に最適な環境です。

群馬県立太田フレックス高等学校は、旧群馬県立太田西女子高等学校の施設を利用しているため、広い校庭や蔵書が豊富な図書館など、充実した設備の中で学校生活が送れるでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

群馬県立太田フレックス高等学校(通信制)の偏差値情報

群馬県立太田フレックス高等学校の通信課程に偏差値はありません。

選抜方法は、書類と出願時に行う面接のみ。学力テストはないため、偏差値という概念は存在しません

出願に必要な書類は、群馬県立太田フレックス高等学校で配布され、志願者本人が出願する必要があります。

出願期間は、4月入学は3月、10月入学は8月です。ホームページ上に情報が掲載されるため、群馬県立太田フレックス高等学校へ入学を希望する人はチェックするようにしましょう。

群馬県立太田フレックス高等学校(通信制)の入試内容・対策

群馬県立太田フレックス高等学校の入試内容案内では、選抜は、提出された書類の審査と面接により判断するとあります。

通信制では、作文試験がある高校が多いですが、群馬県立太田フレックス高等学校にはないため、面接のみ対策が必要です。

面接では、学習に対する意欲や進路について聞かれることがあります。選抜は学力テストがないため、募集人数をこえての応募があれば、意欲のある生徒がより合格に近づきます。

面接では一般的な内容の質問がされるため、入学を希望し、卒業までしっかりと勉強を継続する意志をしっかりと伝えることが重要です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

群馬県立太田フレックス高等学校の学費・授業料

群馬県立太田フレックス高等学校でにかかる学費は以下の通りです。

入学料:500円
受講料:8,400円
教科書代:約15,000〜20,000円
諸会費:約4,000円(生徒会費、後援会費等の諸経費)
合計 約30,000〜35,000円

就学支援金を申請して受給が決定すると、年度末に受講費の返還があります。

学費自体は安く、かかってくる費用のほとんどは教科書代等の実費です。

群馬県立太田フレックス高等学校は電車を使って通学している生徒も多いため、交通費がかかっている人が多くいます。電車通学を考えている人は、交通費を含めた費用を考慮するようにしましょう。

群馬県立太田フレックス高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

群馬県立太田フレックス高等学校の通信制は、自宅で学習して提出するレポート、登校するスクーリング、9月と2月に行われるテストで条件を満たすと単位の修得が可能です。

スクーリングは、月に2回日曜日に設けられています。

スクーリングは多めの回数が開講されているため、出席できない日があっても心配は不要です。普段は自宅で学習を進め、レポートを提出します。わからない点があるときには、電話やスクーリングのほか、登校して指導を受けることが可能です。

中学校を新しく卒業した生徒だけでなく、高校を途中で退学した生徒や社会人などさまざまな人が学ぶ環境で、自分のペースで学習の予定を組むことができます。スクーリングは静かで落ち着いた環境なので、アットホームな雰囲気の中安心して学習が進められるでしょう。

群馬県立太田フレックス高等学校(通信制)の進学・進路情報

群馬県立太田フレックス高等学校では、大学、専門学校、就職と幅広い進路実績を持っています。
令和4年度の進路状況は以下の通りです。

大学・短期大学
足利大学、関東学園大学、群馬医療福祉大学、国際医療福祉大学、埼玉工業大学
産業能率大学、創価大学、帝京大学、東京福祉大学、白鴎大学、前橋国際大学
桐生大学短期大学部、亜細亜短期大学、埼玉純真短期大学、立教女学院短期大学

専門学校は、デザインやトラベル関連、医療分野などを学ぶために専門学校を選んだ人が多いです。就職では、県内の小売店、メーカーを中心に幅広い業界へ就職しています。

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次