願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

2024年度版|ルネサンス豊田高等学校の偏差値・学費・入試内容

偏差値なし(学力試験なし)
入試内容書類選考(必要によって面接あり)
募集時期随時
学費年間395,000円〜
資料請求通学エリアにある学校資料を請求する

ルネサンス豊田高等学校は愛知県豊田市にキャンパスがある、広域性の通信制高校です。ルネサンス高校グループが運営している通信制の学校の一つで、このグループはその他に、茨城県や大阪府でも同じような通信制の高校を運営しています。

この学校には偏差値がないので、学力に自信がない生徒でも入学しやすい学校です。受験勉強をせずに高校に入学したい生徒も受験することができます。これから中学校を卒業する予定がある生徒だけではなく、中学校を卒業した後に学校に通っていない人でも、入学試験を受けられます。現在他の高校に通学した生徒や、過去に高校を退学した人も、編入学や転入学の手続きをすれば入学することは可能です。

この学校の入学試験では学力テストは出題されませんが、合否を判断するための書類を提出する必要があります。ただし、ルネサンス豊田高等学校では、必要があると認められれば、面接試験もあわせて実施しています。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

ルネサンス豊田高等学校の偏差値・入試内容は?

ルネサンス豊田高等学校には偏差値がありません。

ルネサンス豊田高等学校で開催されている試験の内容は、

・書類選考

のみであるため、受験生の学力を調べることができる学力テストを実施していないことが、この学校の偏差値を決められない理由です。

ルネサンス豊田高等学校では、入学希望者から提出された書類の内容を判断して、合格者を入決定しています。

入学に必要な書類は?

この学校に入学を希望する人が出願時に提出する必要があるのは、調査書と入学願書です。

入学願書には必要な事項を記入する必要がありますが、基本的に全て受験者が自分で記入できます。ですが、調査書は自分で書くことはできません。調査書を作成できるのは、通っている中学校の教員だけなので、この学校の受験を希望している人は、あらかじめ中学校の担任教師に調査書の作成を依頼しておいてください。

中学校をすでに卒業している人がこの学校を受験したい場合には、上記以外の書類が必要になることもあります。場合によっては、卒業証明書を調査書のかわりとして提出しなければいけないこともあります。卒業証明書の提出が必要となるのは、中学を卒業をしてから長い期間がが経過しているため、調査書を作れなくなっている場合です。他の高校を中退した人が、編入学でルネサンス豊田高等学校に入学を希望する時には、入学願書の他に、成績単位修得証明書と在籍期間証明書を提出する必要があります。

現在他の高校に通っている生徒は、入学願書の他に、生徒の転入学についての照会と成績単位修得証明書の提出が必要です。いずれも、在籍している学校に申請すれば入手できます。なお、上記のいずれの方法でも、必要があれば面接が実施されることもあります。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

ルネサンス豊田高等学校の学費・授業料

ルネサンス豊田高等学校には4種類のオプションコースがあります。

ですが、いずれのコースに入学する場合でも、基本的な学費は共通しています。この学校の入学金は50,000円、1単位あたりの授業料は10,000円です。上記以外の学費は、選択するオプションコースの種類によって変わります。

全てのコースに共通する年間学費の概算は以下の通りです。

授業料:250,000円(25単位)
施設設備費:20,000円
教育関連諸費:60,000円
  スクーリング費:65,000円
合計(目安):395,000円

授業料が全額免除になることもある就学支援金

ルネサンス豊田高等学校は、国が実施している高校生のための就学支援金制度の対象となっています。

・年収が590万円未満の世帯→授業1単位あたり最大で12,030円の就学支援金を支給
・年収が590万円以上910万円未満の世帯→授業1単位あたり、最大で4,812円の就学支援金を支給

ルネサンス豊田高等学校は1単位につき10,000円の授業料であるため、生徒が属している世帯の年収が590万円未満である時には、授業料の負担額が0円になります。

この場合の負担すべき学費総額の目安は、1年間あたりおよそ145,000円です。生徒が属する世帯の年収が590万円以上910万円未満の場合には、授業料1単位あたり最大で4,812円の就学支援金が支給されます。この場合に負担しなければいけない1年間あたりの学費の目安は、およそ274,700円です。

ルネサンス豊田高等学校のカリキュラム・特徴

ルネサンス豊田高等学校は、豊田市の北西部にある藤沢町にキャンパスがあります。

学校が開校したのは2011年のことで、それ以降多くの学生がこの学校を卒業しています。この学校を卒業するためには、1年間に4日か5日程度のスクーリングが必要です。日帰りでスクーリングをすることもでき、宿泊でスクーリングもできます。

ルネサンス豊田高等学校の大きな特徴は、生徒が選択できるオプションのコースが多くあることです。

この学校の生徒が選べるオプションコースの一つは、美容コース RuneBiです。このコースに入学すれば、1週間に1回美容に関する講義を受講できます。なお、美容コースの講義は、名古屋の栄キャンパスで開催されています。美容の専門学校の講師が講義をしているので、専門的な美容の勉強がしたい人にもおすすめです。

ルネサンス豊田高等学校には、通学スタンダードコースというオプションコースもあります。このコースに入学すれば、1週間に3回学校に登校して勉強ができます。通学できるのは豊田駅前にあるキャンパスです。友人や教師と学園生活を楽しみたい人に向いているコースです。

ルネサンス豊田高等学校の生徒は、アコピアK-POPコースというオプションコースも選択できます。このコースの特徴は、インターネット上でK-POPのダンスや歌の勉強ができることです。韓国のトレーナーが指導を担当しています。

ルネサンス豊田高等学校で選択できるもう一つのオプションコースは、eスポーツコースです。eスポーツのことを詳しく学べます。この高校には、名古屋eスポーツキャンパスという専用の施設もあり、栄駅から歩いて7分程度の場所にあります。

ルネサンス豊田高等学校の進路・進学実績

ルネサンス豊田高等学校は偏差値は存在しません。ですがこの高校を卒業すれば、大学を受験する資格を取得できるので、大学受験をすることは可能です。

ルネサンス豊田高等学校の生徒の具体的な進学先は、この学校のホームページでは確認できません。

ですが、ルネサンス高校グループのホームページには、グループ全体の合格実績が書かれているため、これらの合格実績の中に、ルネサンス豊田高等学校の生徒の合格実績が含まれている可能性があります。ルネサンス高校グループの2022年度における主要な合格実績は、以下の通りです。

国公立大学:名古屋工業大学、大阪大学、九州大学、国際教養大学、金沢大学、東京農工大学、東京藝術大学、千葉大学、東京工業大学、大阪公立大学

私立大学:日本赤十字豊田看護大学、名古屋外国語大学、愛知大学、南山大学、名城大学、中京大学、中部大学、上智大学、明治大学、早稲田大学、慶應義塾大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、日本大学、その他

大学入学を希望している人は、通学スタンダードコースに入学すれば、週3日学校に通いながら、基礎的な勉強から復習できます。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次