願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

2024年度版|立志舎高等学校の通信制に偏差値はある?入試内容・学費・学校情報

偏差値なし(学力試験なし)
入試内容類審査、面接、作文(学力試験は行わない)
募集時期推薦入学は1月中旬、一般入学は1月末から3月下旬
学費約300,000円~(通信コース/就学支援金適用時、キャンパスによって異なる)
資料請求通学エリアにある学校資料を請求する

立志舎高等学校は、各生徒の個性と学習意欲を重視する通信制高校です。従来の偏差値に依存しない入試システムと、個々のニーズに合わせた柔軟な教育プログラムを提供しています。

学費面では通信コースの就学支援金適用時に300,000円からと設定され、生徒や保護者に対して負担軽減の選択肢も提供しています。

カリキュラムは自習とゼミ学習のハイブリッドスタイルで、生徒の主体的な学びを促進。進学先は大学、専門学校、就職など多岐にわたり、生徒一人ひとりの将来の夢に対応した進路指導を行っています。

この学校は、単なる知識の習得だけでなく、生徒たちの社会での自立を目指した教育を心掛けており、多様な学習機会と個別のサポートを通じて、生徒一人ひとりの可能性を最大限に引き出すことに注力しています。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

立志舎高等学校の偏差値・入試内容

立志舎高等学校の通信制コースでは、従来の意味での偏差値は存在しません。

これは、同校が学力テストに基づく選考を行わず、学生の個性や学習意欲を重視する入試方針を採っているためです。学力試験がないことは、通信制高校の特徴であり、立志舎高等学校も例外ではありません。

立志舎高等学校の通信制コースは、従来の偏差値に基づく選考ではなく、個々の学生の特性や学習意欲に重点を置いた入試方法を採用しており、学生一人ひとりに合った教育を提供することを目指しています。

立志舎高等学校の入試内容

入試プロセスは学生の学びたい意欲と適性を重視し、主に以下の方法で行われます。

書類審査

志望理由書や学習計画書など、学生の学習に対する意欲や目的を示す書類を提出し、審査されます。

面接

学生の個性や学習に対する意欲、学校生活への適応能力などを評価するための面接が行われます。

作文

学生の思考力や表現力を把握するための作文が求められることがあります。

入学募集人数と申し込み期間

各コースで設定された募集人数に応じて入学希望者を募集し、一般的には1月から3月にかけての申し込みが行われます。募集人数は、特進クラス、進学クラス、普通クラス、土曜コースそれぞれにおいて、推薦入学と一般入学で異なる人数が設定されています。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

立志舎高等学校の学費・授業料

立志舎高等学校の通信制コースの学費構成は、学生や保護者が注目する重要な要素の一つです。学費は通信制高校の性質上、全日制高校とは異なる要素を含んでいます。以下では、学費や授業料に関する詳細を解説します。

・学費の概要
立志舎高等学校の通信制コースでは、学費が「通信コース/就学支援金適用時」として300,000円程度から設定されています。ただし、具体的な学費はキャンパスによって異なるため、入学案内書・資料で確認することが重要です。

・その他の費用
学費の他にも、教材費や施設利用費、スクーリング時の交通費や宿泊費など、追加で必要になる費用があります。これらは学校によって異なり、またコースや個人の選択によっても変わる可能性があるため、無料の入学案内書を取り寄せることが望ましいです。

・学費支援制度
通信制高校では、就学支援金制度や奨学金制度が利用できる場合があります。これらの制度は、学費負担を軽減するためのもので、立志舎高等学校でも同様の支援が提供されている可能性があります。具体的な内容や申請方法については、入学説明会に出席したり案内資料で確認することが大切です。

立志舎高等学校学校のカリキュラム・特徴

立志舎高等学校は、通信制の枠組み内で多様な教育プログラムとカリキュラムを提供しています。

この学校は生徒の個性とニーズに応える柔軟な教育システムを特色としており、それぞれの生徒が自身の目標と状況に合わせた学び方を選べる環境を提供しています。

土曜コース:週1回のスクーリングが基本で、主に土曜日に学校に通います。自宅学習がメインであり、スクーリング日には集中的に授業が行われます。

平日コース: 週5日の登校が基本となるコースもあり、これには特進クラス、進学クラス、普通クラスが含まれます。これらのクラスでは、より従来の全日制高校に近い形での教育が行われます。

学校のカリキュラム:学習は基本的に自習スタイルが中心で、ゼミ学習やアクティブラーニングを取り入れた授業形式が特徴です。生徒は少人数制のグループに分かれて教えあいながら学ぶことで、深い理解と実践的なスキルを身につけることができます。

通学コースの種類

特進クラス: 大学受験を目指す生徒向けに設計されており、志望校に合わせた科目を重点的に学べます。

進学クラス: 中堅大学進学を目指す生徒向けで、グループ学習を通じて自ら考え解答法を身に付ける授業スタイルを採用しています。

普通クラス: 全日制高校と同様の充実した高校生活を送ることができるクラスで、季節ごとに様々な学校行事も行われます。

立志舎高等学校の進路・進学実績

立志舎高等学校は生徒の個性を重視した進路指導を行っており、卒業生は様々な進路に進んでいます。

大学進学、専門学校、短大、就職など、幅広い選択肢から生徒一人ひとりの夢と個性に合った進路を選ぶことが可能です。進路指導が熱心に行われているのが特徴です。

卒業生の進学先

大学: 東京藝術大学、大阪大学、東北大学、千葉大学など国公立・私立大学への進学実績があります。

専門学校: 青山製図専門学校、神田外語学院など多種多様な専門分野の学校への進学しています。

就職: 愛知陸運株式会社、佐川急便株式会社など、様々な業界への就職実績があります。

立志舎高等学校では、通常の進路指導部を設けず、担任の先生と生徒がじっくり話し合って進路を決定します。このアプローチにより、生徒の個性や夢に応じた進路選択をサポートしています。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次