願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

サンプル記事

当ページのリンクには広告が含まれています。

執筆にあたっての注意・お願い

具体的な内容を中心に執筆

記事執筆にあたっては、学校の理念や想いといった抽象的な内容ではなく、

「週何日通学なのか」

「具体的に何を学ぶのか」

「通う場合はいくらかかるのか」

といった【具体的な内容/事実】を中心にまとめてください。

学校のホームページは、わかりやすくまとまっているものもあれば、理念中心の語り口調で、結局何が学べるのかわかりにくい学校もあります。ホームページ上の言葉をそのまま使うのではなく、中高生向けに難しい言葉は補足したり、Google MapやYaho知恵袋に掲載されている各学校の口コミをみつつ、言葉を足して執筆ください

通信制課程について執筆ください

学校によっては、全日制と通信制の両方のコースを用意している学校もあります。学校全体の説明をするときには全日制に触れても良いですが、通学コースや入試内容、学費情報といった記事本文は通信制課程について執筆ください。

冒頭文と「◯◯に偏差値はない」の段落の書き分けについて

冒頭文と最初の段落「◯◯に偏差値はない!入試内容を解説」の段落は、内容が被ってしまっても問題ありません。冒頭文はまとめとして、詳細は「◯◯に偏差値はない」の段落で執筆ください。

箇条書きを活用

中高生でも読みやすいよう、文章がズラズラと続くのではなく

箇条書きでスッキリまとめる工夫

をお願いします。

学費情報について

学費部分の情報ですが、全てのコースの学費を書くと、数字の羅列だけで文字数を大幅に使ってしまうこともあります。また、学校によっては学費が書いていないものもあります。

学費情報は「書かない」か、「代表的なコースのみを記載する」に留め、数字に文字数を使わないようお願いいたします。

chatGPTの利用について

chatGPTの利用ですが、記事の下書き作成/情報の整理に使っていただく分には禁止しておりません。

ただ、chatGPTで生成される文章は機械的で、中高生は読みにくいことがあります。学校HPと照らし合わせると整合性が取れない部分も出てきますので、最終的にはライター様の手で加筆、修正、情報の整合性確認をお願いします

記事は目視+chatGPTで1記事ずつ確認します

執筆いただいた記事は、事実確認を含め、1記事ずつ目視で確認をしております。

chatGPTで機械的に作成したことが疑われる記事は、chatGPTに記事を読みこみ、自動生成された記事かを判断しています(サグーワークスのコピペチェックツールとは別に、弊社の独自作成プログラムで判定しています)

品質の高い記事は、積極的に「名文!」判定もしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

冒頭文

偏差値なし(学力試験なし)
入試内容書類選考、面接
入試時期2023/12/20〜2024/1/19
学費年間665,500円
公式サイトURLhttps://www.ikegamigakuin.ed.jp/

池上学院高等学校は北海道を中心に複数のキャンパスを持つ通信制高校です。札幌初の通信制高校として、函館や帯広、苫小牧など、全道に学習センターを設置しています。

通常の高校とは異なり、池上学院高等学校には偏差値が存在しません。中学卒業見込みの方/卒業している生徒であれば、年齢を問わず誰でも入学資格があります。

学力試験はありませんが、書類審査と保護者同伴の面接試験があることが特徴です。

学力に不安がある生徒でも安心して出願することができる学校ですが、面接の内容やキャンパスの受け入れ状況によっては落ちる可能性もあります。学校資料は早めに取り寄せ、親子で準備をしておきましょう。(386文字)

池上学院高等学校に偏差値はない!入試内容を解説

池上学院高等学校には「偏差値」と呼ばれるものはありません。

池上学院高等学校の試験内容は、

・書類選考
・面接試験

となっており、学力によって合否を判断するテストがないからです。

偏差値は、国語や数学などの試験の点数を元に算出されます。

平均点を偏差値50になるように計算し、それよりも高ければ高いほど難易度は上がり、逆に低ければ難易度が低いと判断できるのですが、池上学院高等学校は学力試験そのものがないため、偏差値で合否を判断することができなくなっています。

池上学院高等学校の入試内容の特徴・対策

池上学院高等学校の特徴として、すべてのコースで実施される面接は、生徒だけではなく保護者も参加することが挙げられます。

実際の面接では、受験生である子どもと保護者の意見が一致しているかどうかを主に審査されます。ですから、事前に保護者と子どもとで、意見をしっかりすり合わせておくことが重要です。

たとえば、志望理由を聞かれた際に保護者が「本人の意志で入学を目指した」といっているにもかかわらず、本人が「親にいわれたから選んだ」など、意見の不一致が見られると良くない印象を与えてしまいかねません。

面接では難しい質問はされないので、学校に対する意欲ややる気、入学したらやりたいことなどを中心に話すと良いでしょう。(543文字)

池上学院高等学校の学費・授業料

池上学院高等学校では、どのコースを選択しても入学金が8000円、1単位当たりの授業料は8500円です。それ以外の学費は各コースの種目によって異なります。

総合コースの年間学費の概算は以下の通りです。

授業料:212,500円(25単位)
施設費:28,000円
教材費:23,000円
特別学習費:約39万円
諸経費:12,000円

合計(目安):665,500円

就学支援金の適用で授業料は最大全額免除に

池上学院高等学校は国の就学支援金制度の対象です。

・世帯年収590万円未満=1単位最大12,030円支給
・世帯年収が590~910万円未満=1単位最大4,812円支給

世帯年収が590万円未満だった場合、授業料は全額無料。したがって、学費の目安は約453,000円です。一方、世帯年収が590~910万円未満の場合、授業料を最大120,300円まで支給してくれるため、学費の目安は約545,200円となります。

その他、池上学院高等学校は「北海道高等学校奨学会奨学金」の対象校となり、無利子の返済型奨学金を利用することができます(最長12年)。無利子で返済期間も長く、卒業後も無理なく返済できる奨学金制度だといえます。(500文字)

池上学院高等学校の特徴・学校紹介

池上学院高等学校は北海道を拠点にする通信制高校の一つで、平成16年に札幌から始まり、現在は複数のキャンパスを持っています。この学校は入学時期が柔軟で、一年中入学できるのが特徴。高校受験をしなかったり、中退したり、不登校だったりした人でも、転入や編入を通じて入学できます。

学校には総合コース、進路実現コース、特別進学コース、一般コース、集中スクーリングコースという5つの学習コースがあります。総合コースは週5日通学する全日制スタイルで、授業は朝9時30分から始まり、部活動やイベントも行われています。進学・就学を現実的に考えるコースです。

進路実現コースは週3日通学し、個別指導学習を中心に高校卒業を目指します。体験的な学習も取り入れられており、社会性も重視されています。特別進学コースは大学進学も視野に入れ、私立大学対策を中心に学習します。一般コースは週1~2日通学で、ライフスタイルに合わせた学習が可能で、就職を目指すコースです。

最後に、集中スクーリングコースは自宅学習が主体で、年に数回スクーリングに参加できる点が特徴です。遠方や病気の理由で通学が難しい人に適しています。各コースにはそれぞれ特徴があり、学生のニーズに合わせた教育を提供しています。(525文字)

池上学院高等学校の進路先・進学実績

偏差値がない池上学院高等学校ですが、だからといって「大学に行けない」「進学実績がない」わけではありません。通信制高校の自由なカリキュラムを活かし、少人数制や習熟度別、生徒の個々の目標に合わせた受験指導を行っています。

池上学院高等学校の主な進学先は次の通りです。

北海道内:北海道教育大学、小樽商科大学、帯広畜産大学、室蘭工業大学、公立はこだて未来大学、藤女子大学、北海学園大学、北星学園大学、北海道医療大学、札幌大谷大学、札幌大学、北海道科学大学、酪農学園大学、北海道情報大学

北海道外:電気通信大学、早稲田大学、慶応義塾大学、明治大学、法政大学、立教大学、中央大学、青山学院大学、学習院大学他

大学受験を志望する生徒は週3-4日登校の「進路実現コース」も検討してみましょう。(335文字)

\出願締切迫る! 資料請求お急ぎ下さい/
学校資料・募集要項を請求する