願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

滋賀県立大津清陵高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

滋賀県立大津清陵高等学校通信部は滋賀県唯一の公立通信制高校です。学習意欲を持って高校に進学を希望しているのに、さまざまな事情で毎日通学することのできない人々の要望に応えて設置されました。

公立通信ということもあり、滋賀県立大津清陵高等学校通信部には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「面接」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

滋賀県立大津清陵高等学校通信部は月2・3回の日曜日、または日曜日に受けられない人のための水曜・木曜午後のどちらかのスクーリング(通学)に出席する必要があります。

なおかつ、卒業までに30時間以上の特別活動に参加しなければならなりません。特別活動とはホ-ムル-ムや文化祭、体育祭、部活動、学校行事等です。  
             
そのため、

・遠方に住んでいる
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校でも通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。したがって、通いやすさを考えた上で公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

滋賀県立大津清陵高等学校(通信制)の偏差値情報

滋賀県立大津清陵高等学校通信部に偏差値はありません。

その理由は、「願書提出」「面接」で学力テストがないことによります。願書提出時に面接が行われ選考が行われます。学力による試験がないため、偏差値はないということになります。

毎年3月に入学者の募集があり、4月に入学します。募集要項は毎年12月頃に発表されます。入学を希望する人は、滋賀県立大津清陵高等学校通信部に電話をしましょう。出願書類などの必要書類は中学校で手に入れることができます。

滋賀県立大津清陵高等学校(通信制)の入試内容・対策

滋賀県立大津清陵高等学校通信部の入学方法について、滋賀県公立高等学校入学者選抜要項通信制課程の募集要項を確認すると、以下のような内容が明記されています。

<指定期間中に願書提出する>
入学願書提出期間中に、入学願書と面接票、必要書類を揃えて、学校に提出する必要があります。

<面接>
願書提出時に、学校で面接が行われます。

なお、入学願書提出期間や面接日程については、滋賀県のホームページの滋賀県公立高等学校入学者選抜要項通信制課程にて発表されます。

入学要件については、特に明記されていません。志望動機や本人の意欲などが重視され、スクーリングは可能かどうかの確認があると考えられます。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

滋賀県立大津清陵高等学校(通信制)の学費・授業料

滋賀県立大津清陵高等学校通信部の入学初年度は入学金・学習費など、すべて合わせて3万円前後です。

学年の区別や留年が無く、8年間在籍できます。2年目以降は、学習費・教科書代など科目によって差がありますが、2万円前後です。

滋賀県立大津清陵高等学校通信部は月2,3日のスクーリングがあるため、別途交通費がかかります(校舎住所は大津市大平1丁目14番1号)。最寄駅の石山駅からバスに乗り換えての通学になります。

遠方の生徒は授業料よりも交通費のほうがかさんでしまうこともあるので、学費+交通費で計算するようにしましょう。

滋賀県立大津清陵高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

滋賀県立大津清陵高等学校通信部は月2,3日のスクーリングがあります。

通学する曜日は日曜日、または日曜日に受けられない人のための水曜・木曜午後のどちらかになります。スクーリングの内容は、学習の質問や説明、体育の実技や芸術の実習などです。

教科学習は報告課題(レポート)、面接指導(スクーリング)、試験を行います。

通信部の学習は自学自習することが基本です。レポートは、およそ1年間に12回の合格が必要です。スクーリングの必要回数とレポートの合格条件を満たすと、試験が受けられます。

特別活動の出席は強要されません。卒業までに30時間以上の参加が必要なので、年間10時間を目安に取得すれば、無理のないペースで基準を満たせるでしょう。ホームルームや修学旅行、運動会などの中から、自分で選択し、参加します。

滋賀県立大津清陵高等学校(通信制)の進学・進路情報

滋賀県立大津清陵高等学校通信部の卒業予定者の約3分の1くらいの生徒が、大学・短大・専門学校に進学します。以下のような大学への合格実績があります。

進学先大学の一覧
電気通信大学、沖縄県立芸術大学、龍谷大、京都産業大、大谷大、京都学園大、花園大、京都橘大、京都光華女子大、平安女学院大、京都文教大、仏教大、京都造形芸術大、成安造形大、聖泉大、大阪産業大、近畿大、大阪電気通信大、梅花女子大、大阪学院大、大成学院大、園田学園女子大、武庫川女子大、明治学院大、四日市大、皇學館大など

滋賀県立大津清陵高等学校通信部の生徒は、卒業後も多くの人はこれまでの仕事を継続します。新卒者むけの求人の数は、多くありません。希望者には相談して斡旋しています。

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次