願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

島根県立宍道高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

島根県の公立通信制高校である「島根県立宍道高等学校」。公立通信ということもあり、島根県立宍道高等学校には偏差値がありません。

試験は「願書提出」「保護者同伴の面接」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。

中学卒業資格と島根県内に住所を有する,もしくは勤務地が島根県内にあれば、どんな生徒でも入学することができます。通学が難しい生徒や働きながら高校卒業を目指す生徒に適した学校です。

島根県立宍道高等学校の通信制のスクーリング(授業)は週に3日(月・木・日)です。日曜日が中心ですが、月曜日と木曜日にも行われます。隠岐地区に協力校があり、隠岐地区の生徒は協力校でスクーリングを受けることが可能です。協力校のスクーリングは日曜日のみです。

島根県内に住所を有しておらず、勤務地も島根県内にない場合は出願資格がありません。また完全にネットで学べる学校が良いという生徒には、向いていない可能性があります。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

島根県立宍道高等学校(通信制)の偏差値情報

島根県立宍道高等学校の通信制に偏差値はありません。

その理由は、「願書提出」「保護者同伴の面接」で学力テストがないことによります。学力による試験がないため、偏差値はないということになります。

注意すべき点としては、通信制の『入学願書』は中学校を通しての配布や、郵送などでの配布をしていないことです。

入学願書は、島根県立宍道高等学校が開催する「学校説明会」に生徒本人が参加をすることで受け取ることができます。説明会の参加には、保護者の同伴が望ましいとされています。学校説明会の申し込みは開催日の3日前までに、在籍中学校が電話で行います。

島根県立宍道高等学校(通信制)の入試内容

島根県立宍道高等学校の公式サイトの募集要項には、入試内容が明記されています。

<説明会に参加する>
入学を希望する生徒は、学校説明会に参加し、入学願書を取得します。

<指定期間中に願書提出する>
提出期間中に、入学願書と必要書類を揃えて学校に提出します。 郵送する場合は簡易書留です。

<面接>
学校で保護者同伴の面接をします。

<選抜において重視する点>
① 学習意欲,向上心
② 基本的生活習慣
③ 面接態度

< 面接における評価の観点>
① 志望動機が明確かつ適切で,入学意思があるか。
② 本校通信制課程の特色を理解し,自ら進んで学ぼうとする意志と意欲があるか。
③ 面接に臨む姿勢や態度等が適切で,場に応じた言葉遣いで自分の考えを明確に表現できるか。
④ 高校生としての規範意識をもっているか。

入試には志望動機や学習意欲などが重視されると考えられます。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

島根県立宍道高等学校(通信制)の学費・授業料

島根県立宍道高等学校の経費は次の通りです。

入学検定料 800円
入学金 500 円
教科書及び学習書などは、受講する単位数及び科目によって異なりますが12,000 円~20,000円程度
FTA会費,生徒会費など11,000円程度
合計すると、24,300円~32,300円程度になります。

奨学金制度は島根県育英会奨学資金があります。自宅通学生は月額18,000 円、 自宅外通学生は月額23,000円です。

島根県立宍道高等学校は週3日のスクーリングがあるため、別途交通費がかかります(校舎住所は島根県松江市宍道町宍道1586)。電車通学の場合はJR宍道駅から徒歩12分です。学費は経費と交通費の合計で計算するようにしましょう。

島根県立宍道高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

島根県立宍道高等学校の通信制は、自宅での自学自習が基本です。どの講座の単位を取得していくか分からなくても、担任と相談して受講計画を立てるので安心してください。

自学自習で各講座の必要回数のレポートを提出、締切日までに合格するよう取り組みます。レポートの提出回数は講座ごとに異なり、半期に1~6回です。スクーリング(授業)は週に3日、日曜日が中心ですが月曜日と木曜日にも行われます。隠岐地区の協力校のスクーリングは日曜日のみです。

スクーリングでは講義形式、レポート支援形式、体育と芸術では実技を行います。科目の学習の他に、学校行事や生徒会活動も行っています。レポート合格、スクーリングの回数を満たすと、前期・後期に各1回ずつ試験が受けられます。卒業の条件は在籍3年以上、74単位以上の取得、特別活動30時間参加です。

島根県立宍道高等学校(通信制)の進学・進路情報

島根県立宍道高等学校の通信制の令和4年度の卒業進路には、以下のような大学への合格実績があります。

他にも、短大や専門学校に進学する卒業生、就職する卒業生がいます。新規採用の就職先は、県内や県外の企業です。

合格校大学の一覧:
追手門学院大学 地域創造学部 地域創造学科、大阪学院大学 経済学部 経済学科、就実大学 人文科学部 表現文化学科、大阪学院大学 商学部 商学科、周南公立大学 経済学部 ビジネス戦略学科 知財開発コース、関西外国語大学 英語キャリア学部 英語キャリア学科、洗足学園音楽大学 音楽音響デザインコース、島根大学 材料エネルギー学部 材料エネルギー学科、島根大学 生物資源科学部 生命科学科、島根大学 法文学部 法経学科、東京工科大学 医療保健学部 臨床工学科、同志社大学 文学部 哲学科他

まとめ

島根県立宍道高等学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次