願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

2024年度版|翔洋学園高等学校の偏差値・学費・入試内容

偏差値なし(学力試験なし)
入試内容書類選考、面接
募集時期年間を通じて
学費年間約208,000円〜(就学支援金適用可能)
資料請求通学エリアにある学校資料を請求する

翔洋学園高等学校は、生徒一人ひとりの学習ニーズに合わせた教育を提供する通信制高校です。

この学校では学力試験に代わる偏差値の評価は行わず、中学卒業見込みの方や卒業している生徒なら年齢に関係なく入学することが可能です。

入試プロセスにおいて学校は書類選考と保護者との面接を重視しています。生徒の個性や学ぶ意欲を評価し、それぞれに合った教育プログラムを提供します。ただし面接の結果や学校のキャパシティによっては、入学が難しい場合もありますので、入学を考えている方は事前にしっかりと準備することが大切です。

翔洋学園高等学校の学費は、国の就学支援金制度を活用することで、実質的な負担を大きく減らすことが可能です。学校では、生徒一人ひとりが自分らしい学び方を見つけることをサポートし、多様な教育ニーズに対応しています。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

翔洋学園高等学校の偏差値・入試内容は?

翔洋学園高等学校の入試プロセスは、学力試験に代わる偏差値の評価を行わず、個々の生徒の能力や興味、目標に焦点を当てた形式を採用しています。

入試の主な内容は、書類審査と面接で、これらを通じて生徒の適性や学校のプログラムへの適合性を評価します。

面接では、生徒の自己表現やコミュニケーション能力、学校生活への期待や意欲を重視しています。書類審査では、成績証明書や推薦状、志望動機書などが考慮されます。これらの評価を通じて、学生一人ひとりの特性を理解し、個別の教育計画を立てることが可能です。

翔洋学園高等学校は、生徒のライフスタイルや学習目的に応じて柔軟に学習スタイルを調整できる環境を提供しています。通学頻度やスケジュールは、生徒のニーズに合わせて設計されており、個々の学習計画に基づく自由度の高い学習が可能です。

このような柔軟な教育システムは、生徒が自分らしい学びを実現し、自己成長につなげることを可能にします。また、日本政策金融公庫の公的な融資制度やオリエントコーポレーションとの提携教育ローンを通じて、学費の支払いに関するサポートも提供しており、経済的な負担を軽減しながら質の高い教育を受けることが可能です。

翔洋学園高等学校の教育方針は、生徒一人ひとりが持つ可能性を最大限に引き出し、自立した学びをサポートすることにあります。このアプローチは、通信制高校ならではの柔軟性と自由度を生かし、生徒たちが自らの進路を切り開くための強固な基盤を提供します。

翔洋学園高等学校の学費・授業料は?

翔洋学園高等学校の通信制課程では、柔軟な学習スタイルと経済的な負担の軽減に注目しています。

通信制の授業料体系は、週の通学日数や受講する授業内容によって異なるため、具体的な学費計算が重要です。翔洋学園高等学校の通信制課程では、1単位あたりの授業料が設定されています。公式情報によると、1単位あたりの支援金が4,812円で、最大74単位まで国から支給されます。この支援金は、保護者の収入に応じて最大2.5倍額まで支給される場合があります。

・学費の計算方法
年間学費は、25単位を基準に計算されます。これにより、年間の授業料は具体的な単位数に応じて変動します。

・授業料支援:
国の制度により、高校の授業料に「高等学校等就学支援金」が支給されるため、実質的な学費負担は軽減されます。この支援金は、通常の支給額を差し引いた額が納入され、加算支給に該当する家庭には年度末に加算分が返金されます。

・教育ローン
学費の一時的な経済負担を軽減するため、国の教育ローンや提携教育ローンが利用可能です。これにより、分割での支払いや経済的なサポートが受けられます。

通信制課程では、生徒は週の通学日数や受講する授業内容によって、自分の学習スタイルやライフスタイルに合わせた柔軟な学習計画を立てることができます。このような学習システムは生徒一人ひとりの個性や興味を尊重し、それぞれの進路や目標に合わせた教育を提供します。

翔洋学園高等学校のカリキュラム・特徴

翔洋学園高等学校は、生徒の自主性と多様性を尊重する教育方針を持つ通信制高校です。

この学校は、生徒一人ひとりが自分の個性や長所を生かしながら、将来に向けて力を育てていく環境を提供しています。翔洋学園の通信制課程は、個別の学習プランに基づいて、生徒が自分らしい学び方を見つけられるよう設計されています。

・通学頻度とスクーリング
生徒は年間平均で約60時間のスクーリングに参加することが求められます。これには、個別学習や授業形式のスクーリングが含まれ、NHK高校講座の放送視聴もスクーリングの一部として認められています。

・カリキュラム
生徒は1年間のカリキュラムを通じて、必要な単位を取得します。教科書に沿った問題集(プリント)を用いたレポート提出が主な学習手法で、自分のペースで進めることが可能です。

・スクールライフ
翔洋学園では、生徒が個性や長所を伸ばすための様々な学校行事や活動が用意されています。これには、月に1回のホームルーム、修学旅行、芸術鑑賞、進路関連の講演会や職業体験学習などが含まれます。

翔洋学園高等学校は、通信制高校として、個々の生徒に合わせた柔軟な教育を提供することで知られています。この学校では、生徒が自分自身を理解し、将来の夢や目標に向けて成長できる環境が整えられています。

翔洋学園高等学校の進路・進学実績

翔洋学園高等学校は、生徒たちの多様な進路選択をサポートすることに力を入れている学校です。生徒たちの半数が進学を選択し、残りの半数が就職というキャリアパスを選んでいます。

進学実績

翔洋学園高等学校の卒業生は、多くの国公立大学や私立大学への進学実績を持っています。

主な進学先には、筑波大学、東北大学、東京藝術大学、茨城大学、会津大学、新潟大学、弘前大学などの国公立大学が含まれます。私立大学では、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、明治大学などが挙げられます。

就職実績

翔洋学園高等学校の卒業生は、地方公務員、警察官、消防士などの公共職をはじめ、多種多様な職種に就職しています。また、スクールカウンセラーや保育士、介護福祉士、ゲームデザイナー、カーディーラー、商社営業マン、病院事務など、幅広い職業への道が開けています。

進学・就職サポート

翔洋学園では、生徒の希望に合わせた進学・就職サポートが行われています。進学に向けては、センター試験対策や小論文指導、面接対策講座などが提供され、就職に向けては作文指導や面接対策などのサポートが行われています。200校以上の指定校推薦があり、生徒たちは自分に合った進路を選ぶことができます。

翔洋学園高等学校は個々の生徒に合わせた進路指導を行い、進学または就職という夢の実現をサポートしています。生徒たちは、個性や興味を生かして、自分に合った進路を見つけています。

  • URLをコピーしました!
目次