願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

栃木県立学悠館高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

試験内容 書類審査と面接の結果を総合的に判断
登校日数 週1回登校して各教科の授業を受ける。そのほかに生徒会活動や遠足、運動会、学校祭などの行事あり。

栃木県立学悠館高等学校は、栃木県内唯一の公立通信制高校です。

科目の学習はレポート提出とスクーリングで行なわれますが、学校で学習する時間帯を自由に選べるのが特徴です。栃木県内で公立の通信制高校を探している多くの方の選択肢に入ってくる学校と言えるでしょう。

栃木県立学悠館高等学校では、書類審査と面接を経て合否が決められます。

学力試験はないため、勉強はしたいものの学力に自信がないという方にはうってつけでしょう。また、諸事情で登校日数を抑えて勉強したいという方は、栃木県立学悠館高等学校を検討すると良いかもしれません。

なお、年間の登校日数は週1回で、日曜日の登校が中心となります。

日曜日の登校が難しい場合は、火曜日に登校することもできるようです。そのほかに、さまざまな学校行事が組まれているため、通信制でありながら学生生活を満喫できるはずです。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

栃木県立学悠館高等学校(通信制)の偏差値情報

栃木県立学悠館高等学校の入試では学力テストが行なわれません。これは多くの公立の通信制高校と共通しています。書類選考と面接の両方を考慮して合否が決められるため、偏差値はありません。

栃木県立学悠館高等学校が入試の際に偏差値のみで合否を判定しない意向であることは、「やり直しがきく学校」を目指してきたことからもわかります。学び直しから始めて挑戦する環境を整えている学校であるため、偏差値を気にせず安心して学べるに違いありません。

栃木県立学悠館高等学校(通信制)の入試内容・対策

栃木県立学悠館高等学校の入試は、新入学も編入学・転入学も共に、書類選考と面接で行なわれます。

なお、栃木県立学悠館高等学校の出願条件は、事情のある方を除き、栃木県内に住んでいる方になります。令和5年度のケースで見てみると、募集される新入学生の総定員は普通科450名で、選抜日程は3月下旬から4月下旬にかけて計4回設定されていました。

面接日は出願の際に指示されます。

編入学および転入学希望者の募集時期は新入学生とほぼ同じですが、編入学者は入学志願理由書や単位習得・学業成績証明書が必要です。転入学者はそれに加えて栃木県教育委員会の許可が求められます。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

栃木県立学悠館高等学校(通信制)の学費・授業料

栃木県立学悠館高等学校は、入学費用や年間にかかる教科書代など必要となるお金がとても明確です。

入学金 500円 
授業料 就学支援金によって無料
教育関連諸費 (年間) 11000円
教科書代 15000円程度
年間学費(目安)およそ2万6500円

学悠館高等学校の学費は、栃木県内の他の通信制の高校と比較するとそれほど高くはありません。

ただし週1日のスクーリングがあるため、別途交通費がかかります。つまり、遠方に自宅がある生徒の場合、授業料よりも交通費のほうが嵩んでしまう恐れもあります。よって、学費以外にも交通費のことも考慮することが大事です。

栃木県立学悠館高等学校ってどんな学校?

通学頻度 週1回
通学する曜日 日曜日あるいは火曜日
学校の特徴やカリキュラム 単位制高校で制服はありません。学外での活動や留学・大学などでの学修、検定試験などが単位として認定されます。

栃木県立学悠館高等学校は「フレックス・ハイスクール」と呼ばれる、学校での学習時間帯を自由に選べる方式を取っています。

栃木県立学悠館高等学校では、学習意欲を持つ人がいつでも高校教育を受けられる「やり直しがきく学校づくり」を理念として掲げています。

また、生徒がしっかりとした職業観や勤労観を持ち、個性を理解して将来を決定できる人材育成に取り組んでいます。そのため、生徒のレベルや希望の進路に合わせ、基礎や基本、応用発展までさまざまな分野が学べるカリキュラムを設けています。

栃木県立学悠館高等学校(通信制)の進学・進路情報

令和2(2020)年度の卒業生進路を確認すると、東洋大学、作新学院大学、東京福祉大学、神田外語大学などへの合格実績があります。

栃木県立学悠館高等学校では、四年制大学・短期大学を目指す生徒の進路実現のため、英語のヒアリング、小論文対策 、面接対策などの進路講座を設けているのが特徴的です。

また、専門学校については、TBC学院小山校、群馬動物専門学校、晃陽看護栄養専門学校などへの進路が確認できます。就職先についても、栃木市内の様々な職種の企業に就職しています。例えば、つくいデイサービス、ミクロン電気株式会社、柴産業株式会社、株式会社トランスメイト、川上建設株式会社などです。  

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次