願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

栃木県立宇都宮高等学校(通信制課程)に偏差値はある?入試内容・学費・口コミ評判

・栃木県立宇都宮高等学校の通信制課程に偏差値はある?
・学力試験はある?
・公立通信だけど落ちることはある?

「栃木県立宇都宮高等学校」は栃木県内で公立通信を探している生徒や学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立通信ということもあり、栃木県立宇都宮高等学校には偏差値がありません

試験は願書提出、面接、作文となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

栃木県立宇都宮高等学校は通信制ですが、土日のどちらかのスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間18日ほど)。

そのため、

・遠方に住んでいる
・土日の通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、栃木県立宇都宮高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

栃木県立宇都宮高等学校(通信制)の偏差値情報

栃木県立宇都宮高等学校の通信制課程に関する偏差値情報は、一般的な意味では存在しません。これは、公立通信制高校が学力に基づく試験を実施しないことが一般的であるためです。

通信制高校の偏差値について

栃木県立宇都宮高等学校を含む多くの通信制高校では、偏差値が適用されません。代わりに、入学選考は主に書類審査や面接によって行われます。

偏差値の代わりに考慮すべき点

栃木県立宇都宮高等学校のような通信制高校を選択する際には、偏差値ではなく、学校の教育方針やカリキュラム、サポート体制など、学校の特色を理解することが重要です。学校選びでは、自身の学習スタイルや将来の目標に合った学校を選ぶことが肝心です。

栃木県立宇都宮高等学校(通信制)の入試内容・対策

栃木県立宇都宮高等学校の通信制課程における入試内容は、通常の全日制高校とは異なる特徴を持っています。

入試の選考方法

入試の選考方法は主に書類審査と面接に基づいています。これは学生の学力試験のスコアではなく、学習意欲や個性、教育への取り組み姿勢などを評価するためのものです。

出願期間と方法

具体的な出願期間は毎年変更される可能性がありますが、通常は春頃に設定されます。出願は通常、所定の書類を学校に提出することで行われます。

面接の重要性

入試過程の中で面接は重要な役割を果たします。面接では、学生の人物像や教育への取り組み姿勢、未来への展望などが評価されます。

合格発表

合格者は面接および書類審査を経て選ばれ、通常、合格通知が本人宛に送付されます。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

栃木県立宇都宮高等学校(通信制)の学費・授業料

栃木県立宇都宮高等学校の通信制課程の年間の学費総額は約30,000円程度となり、これは通信制高校の中でも特に経済的な部類に入ります。学費の詳細は下記の通りです。

入学金: 入学金は非常に低く、500円程度です。

教材費: 教材費は約1,000円となっており、手ごろな価格設定です。

授業料: 授業料は単位制で、1単位あたり320円と設定されています。年間で25単位を取得すると仮定すると、授業料は合計で8,000円となります。

諸経費: 諸経費は8,500円程度です。

教科書・学習書代: 教科書や学習書代は、1年生の場合約20,000円が目安です。

栃木県立宇都宮高等学校では、就学支援金制度を活用することが可能です。この制度により、授業料が実質無料となる場合もあります。

栃木県立宇都宮高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

栃木県立宇都宮高等学校の通信制課程は、特に働きながら学びたい人や自学自習で卒業を目指す人に適しています。

通学頻度とスケジュール

具体的な通学頻度やスケジュールに関する詳細は公式サイトには明記されていませんが、通信制高校の一般的な特徴として、週に数日から月に数日の登校が一般的です。

カリキュラムと卒業条件

通信制課程では、卒業に必要な74単位以上の単位修得が求められます。必履修科目はすべて単位修得もしくは履修していることが条件です。また、在学中に特別活動に30単位時間以上の出席が必要です。

学校の特徴

栃木県立宇都宮高等学校は、自分のペースで学びたい人や、学校生活と仕事やその他の活動を両立させたい人に適した環境を提供しています。自学自習を基本としながらも、個別のニーズに対応したきめ細かな指導を行っています。

栃木県立宇都宮高等学校(通信制)の進学・進路情報

栃木県立宇都宮高等学校は全人教育を目指しており、生徒に将来を見通した一貫性のある進路指導を展開しています。

生徒は高校での3年間を人生の一部と位置付け、進路を考えます。また部活動と学業の両立に重点を置き、個性・能力を育てる教育方針があります。目標とする大学合格に向けて、生徒一人ひとりに合った指導を行い、本校の授業を通して現役合格を目指す体制が整っています。

進学実績として全日制も含めれば過去数年間にわたり、東北大や新潟大など国立大学への多数の合格者を輩出しています。東京理科大をはじめ、明治大や中央大など私立大学への合格者も多く、生徒たちの高い学力と学校の指導力が反映されています。

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次