願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

鳥取県立米子白鳳高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

鳥取県の公立通信制高校である「鳥取県立米子白鳳高等学校」。鳥取県内で公立通信を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は、自然と選択肢に入る高校です。

公立通信ということもあり、鳥取県立米子白鳳高等学校には偏差値がありません

試験は「願書提出」「面接」となり、学力試験による選考がないのが特徴です。中学卒業資格さえあればどんな生徒でも入学することができるので、学力に不安がある生徒でも安心して出願をすることができます。

鳥取県立米子白鳳高等学校は通信制ですが、水曜と日曜のどちらかのスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間24日)。

そのため、

・遠方に住んでいる
・指定された曜日の通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、鳥取県立米子白鳳高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

鳥取県立米子白鳳高等学校(通信制)の偏差値情報

鳥取県立米子白鳳高等学校は公立通信のため、偏差値がありません

これは、鳥取県立米子白鳳高等学校の入試は担当教師との面談、提出された書類の内容で合否の判断を下すことが理由になります。

一般的な高校の入試で行われる紙による学力テストがないため、中学時代に勉強についていけずに挫折してしまった人でも心配いりません。

鳥取県立米子白鳳高等学校(通信制)の入試内容・対策

入試は事前に実施される説明会へ出席した後、願書を提出して面接という流れです。

面接は願書を提出した当時に行われるので、忘れ物などがないように準備をしておく必要があります。鳥取県立米子白鳳高等学校は生徒の自主性を尊重する校風のため、教師が勉強を強要しないのが特徴です。

スクーリング以外は自学自習となるので、真面目に取り組まなければ卒業までに時間が掛かるケースも少なくありません。

こうした理由から、面接では趣味を始めとした基本的な質問に加えて、入学後にやりたいことや将来の夢について聞かれます。学校に通いたいという熱意をしっかりと伝えられるように、準備をしておくことが大切です。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

鳥取県立米子白鳳高等学校(通信制)の学費・授業料

鳥取県立米子白鳳高等学校は学費や授業料は年間4万円程度と言われていますが、詳しい内訳については非公開となっています。

私立高校の半分以下の学費とはいえ、家庭環境によっては捻出することが困難になるケースも少なくありません。

鳥取県立米子白鳳高等学校では、学費の支払いが難しい家庭に向けた支援制度を設けています。

制度は入学時点で生徒が何らかの仕事に就いている、もしくは2年進級時点で既定の単位を修得した上で働いていることが適用の条件です。申請が認められると教科書、学習費の支払いが免除されるので半分以下の学費で済みます。

鳥取県立米子白鳳高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

鳥取県立米子白鳳高等学校では、自学自習の勉強だけでなく毎週行われている学校に登校するスクーリングと呼ばれる授業に出席しなくてはいけません。

スクーリングは毎週日曜日ですが、仕事などを理由に出席が難しい生徒を対象に水曜日も特別に行っています。

とはいえ、水曜日はあくまで救済措置として実施してるため、日曜に出席しなければ単位が取得できない科目もあるので注意が必要です。

鳥取県立米子白鳳高等学校では、学業以外にも部活動や生徒会活動にも力を入れています。どちらも任意での参加なので、希望しなければ無理に入る必要はありません。

中には卒業後の大学や専門学校への進学に備えて、内申点を良くするために生徒会に入る生徒もいます。

鳥取県立米子白鳳高等学校(通信制)の進学・進路情報

卒業後の進路の選択肢が多いことも鳥取県立米子白鳳高等学校の強みの一つです。

進学先は鳥取大学や公立鳥取環境大学といった地元校もちろん、奈良大学や岡山理科大学専門学校など県外へ進む生徒も少なくありません。

就職先はALSOK山陰株式会社、TVC株式会社といったように各業界の一流企業に入れています。年度によって異なりますが卒業生の4割が進学、6割が就職とほぼ全ての生徒が自分の希望する道に進めている理由がサポート体制の充実です。

経験豊富な教師が生徒の能力と適正を見極めて的確にアドバイスとサポートを行うことが、高い進学、就職率に繋がっていると言えます。

まとめ

鳥取県立米子白鳳高等学校は通信制ですが、水曜と日曜のどちらかのスクーリング(通学)に出席する必要があります(年間24日)。

そのため、

・遠方に住んでいる
・指定された曜日の通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校も、通学のないネットコースであれば、年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、鳥取県立米子白鳳高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次