願書提出締切迫る!近隣校の募集要項を一括請求する ▶

和歌山県立きのくに青雲高等学校(通信制課程)の偏差値・学費・口コミ評判

和歌山県の公立通信制高校である「和歌山県立きのくに青雲高等学校」。和歌山県内で公立通信を探している生徒や、学費が安い通信制を探している家庭は自然と候補に挙がる高校でしょう。公立通信ということもあり、きのくに青雲高校には偏差値がありません。

試験は「書類選考」「面接」「作文」のみであり、学力試験による選考がないのが特徴です。県内在住あるいは県内に勤務していれば、中学卒業資格さえあれば誰でも入学できるため、学力に不安があるという生徒も安心して出願できます。

きのくに青雲高等学校は通信制ですが、月2~3回程度、日曜日と月曜日の午後に実施されるスクーリング(通学)に出席する必要があります。そのため、

・遠方に住んでいる
・日曜日の通学ができない
・完全にネットで学べる学校が良い

という生徒には、向いていない可能性があります。

私立の通信制高校の中には、通学のないネットコースであれば年間5~10万円程度で通える学校も増えています。通いやすさを考えた上で、きのくに青雲高等学校にするか、ネット学習が充実している私立通信制にするか選んでみてはいかがでしょうか。

\簡単フォーム入力60秒/

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

目次

和歌山県立きのくに青雲高等学校(通信制)の偏差値情報

和歌山県立きのくに青雲高等学校の通信制課程に偏差値はありません。

その理由は、選考が「書類選考」「面接」「作文」のみで、学力テストがないことによります。

注意すべき点としては、入学を希望する場合、必ず「事前説明会」に出席する必要があることです。事前説明会には本人と保護者及び担任が出席する必要があります。

ただし、生徒が20歳以上の場合は保護者の出席は必要なく、既卒者であれば担任の出席は必要ありません。きのくに青雲高等学校を志願する生徒は直接学校に足を運び、事前説明会に出席しましょう。

和歌山県立きのくに青雲高等学校(通信制)の入試内容

和歌山県立きのくに青雲高等学校の入学方法について、公式サイトの募集要項を確認すると、以下の内容が明記されています。

<事前説明会に参加する>
出願者は期間内に電話予約し、事前説明会に出席する必要があります。出席していないと出願できません。

<指定期間中に願書提出する>
出願受付期間中に、入学願書と必要な書類を揃えて学校に提出する必要があります。

<選抜試験を受ける>
中学校からの調査書、面接、作文の結果を総合して判断します。

なお、事前説明会の日程や入学願書提出期間、入学試験日については、学校の公式サイトにて発表されます。

具体的な入学要件については特に明記されていませんが、通信制高校であることを踏まえて、学習意欲や進路に向けた熱意などが重視されると考えられます。詳細な入学要件については事前説明会で確認するようにしましょう。

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

簡単60秒!住所入力だけで
類似の学校資料がまとめて届く

和歌山県立きのくに青雲高等学校(通信制)の学費・授業料

和歌山県立きのくに青雲高等学校の学費は次の通りです。

授業料:8,400円(25単位)
諸費:5,000円(25単位)
学習振興費:1,000円(入学時のみ)
教材費:1,000円(入学時のみ)
生徒会費:2,000円(入学時のみ)
教科書・学習書代:20,000~22,000円
日本スポーツ振興センター加入費:249円
合計:約39,649円

学習振興費や教材費、生徒会費は入学時のみのため、次年度以降の年間学費は約36,000円とさらに安くなります。就学支援金を差し引いた年間学費はほとんどが教科書代の実費となり、学費は安いと言えるでしょう。

和歌山県立きのくに青雲高等学校は月2~3回程度のスクーリングがあるため、別途交通費がかかります(校舎住所は和歌山市吹上5丁目)。

遠方の生徒は授業料よりも交通費の方がかさんでしまうこともあるため、学費プラス交通費で計算するようにしましょう。

和歌山県立きのくに青雲高等学校(通信制)の特徴・スクーリング頻度

和歌山県立きのくに青雲高等学校は、定時制と通信制がある高校で、同じ敷地内に全日制の桐蔭高等学校があります。高校同士の交流はありませんが、桐蔭高校の学食を利用できるなど、通常の公立高校と変わらない環境が整っています。

スクーリングは日曜日と月曜日に実施されており、いずれも時間割が決まっているため、履修している授業がある日に登校します。

スクーリングに通う日数は、月2~3日程度です。NHK高校講座を視聴することでスクーリング時間として認定される制度もあるため、こうした制度も利用しながら学習を進められるのが特徴でしょう。

学校行事は体育祭、文化祭、修学旅行、遠足や校外学習などがあり、自分で選択して参加します。また、クラブ活動も充実しているため、興味のあるクラブに参加してスクールライフを楽しむのも良いでしょう。

和歌山県立きのくに青雲高等学校(通信制)の進学・進路情報

和歌山県立きのくに青雲高等学校の2022年度の卒業進路を見てみると、以下のような大学への合格実績があります。

他にも、専門学校に進学する卒業生や就職に進む卒業生もいるなど、多彩な進路実績を持っています。進学であっても就職であっても、一人ひとりに応じた卒業後の進路に関するサポート体制が整っているのが特徴です。スクーリングの際にいつでも相談に乗ってもらえるでしょう。

進学先大学の一覧:和歌山大学、関西学院大学、桃山学院大学、帝塚山学院大学、京都先端科学大学、大阪商業大学、大阪観光大学、相愛大学、京都芸術大学、サイバー大学他

まとめ

この学校は通信制ですが、定期的な通学(スクーリング)が必要です。

そのため、

遠方に住んでいる
授業料よりも交通費がかかる
ネット授業が充実している学校がいい

という生徒には負担となる可能性もあります。

私立の通信制高校も、ネットで学べるコースは年間5〜10万円程度で通える学校も多いです。通いやすさを考えた上で、公立通信にするか、ネット学習が充実している私立通信制を選ぶか決めるのが良いでしょう。

通学エリアにある通信制高校の資料をまとめて請求する>>

通信制高校を選ぶ家庭が増えています

  • 通学もオンラインも選べる
  • 英語やプログラミング授業も充実
  • 大学合格実績も良い(東大合格実績あり)

など、「やりたい勉強や活動ができる環境が整っている」という理由で、積極的に通信制高校を選ぶ家庭が増えてきています

通信制高校ってどんな学校?とイマイチわからない方は、住所入力で通学エリアの学校資料(パンフレット・募集要項)が一括請求できるサイトを使ってみましょう。

かずえさん(50代主婦

学校情報はネット検索もできますが、紙ベースのほうが、何度も見返すことが容易なので家族で検討しやすかったです!

まりこさん(40代主

息子が行きたい所以外の高校資料も届くので、選択の幅が広がりました!

住所入力で通学エリアの学校資料を取り寄せてみる【簡単入力60秒】

  • URLをコピーしました!
目次